教員向け研修会 実施報告

高校教員向けセミナーin 名古屋 (2015年8月12日開催) 実施報告

8月12日(水)名古屋市中村区・ウインクあいち(愛知県産業労働センター)にて、高等学校の教員の方を対象としたパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)セミナーを開催しました。当日は、当協会事務局よりパーソナルファイナンス教育への取り組みについての説明、ファイナンシャル・プランナー(CFP®)として東海地区を中心に活動中の浦野雅子氏による、テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』活用事例及び模擬授業や、参加者による情報交換会を行いました。情報交換会では、自校のパーソナルファイナンス教育の取り組みや課題・問題点についての発表、意見交換を実施しました。

『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例・模擬授業

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)浦野雅子氏

浦野氏の講義

浦野氏の講義では、「なぜ高校生にパーソナルファイナンス教育が必要なのか」から始まり、テキストの中から3つのテーマ(高校卒業後のライフプランとパーソナルファイナンス、お金を稼ぐ(働く)、お金のトラブル)について授業で使用している実際のスライドを用いた説明や、先生方にワークシートを使ってもらいながら効果をイメージしてもらう模擬授業を行いました。最後には、授業作りの工夫点や学校でインストラクター派遣授業を導入いただく際のポイントについて説明をいたしました。

情報交換会

情報交換会の様子

情報交換会では、参加者一人ずつ、自校でのパーソナルファイナンス教育への取り組みや課題・現状の問題点について発表、意見交換を実施しました。また、浦野講師への質問やインストラクター派遣についての質問などもあり、終始、さまざまな意見が出された情報交換会となりました。
参加された先生からは「各校での問題点がさまざまであることがわかった」といった感想もありました。

日本FP協会 事務局

当協会事務局からは、まず、「パーソナルファイナンス教育への主な取り組み」として、高等学校などを対象とした学校向け活動の紹介、金融経済教育用小冊子の制作の目的、頒布状況を説明しました。次に、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』及び『インストラクターズマニュアル』についてテキストの構成などを説明しました。後半では、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度」について運営実績やインストラクター派遣の流れなどについて説明しました。

アンケート結果

「セミナーの内容がすぐに授業で使えるものだと分かった」「ワークシートや資料の使い方、具体例の伝え方など参考になった」「今後の授業に役立てられることを学べた」「保護者向けの講演があるのはよいと思う」といった感想がありました。

【参加者数】

学校教員・教育関係者 10名

【プログラム内容】
13:00~13:30 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組み、テキスト・マニュアルの紹介
(日本FP協会)
13:30~14:30 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例・実践模擬授業
■講師
ファイナンシャル・プランナー 浦野 雅子氏(CFP®認定者)
休憩
14:40~15:30 情報交換会、質疑応答
15:30~16:00 パーソナルファイナンス教育インストラクター制度および派遣実績の紹介
(日本FP協会)

高校教員向けセミナーin 大阪 (2014年8月5日開催) 実施報告

8月5日(火)大阪市・イオンコンパス大阪駅前会議室にて、高等学校の教員の方を対象としたパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)セミナーを開催しました。

当日は、日本FP協会事務局からのパーソナルファイナンス教育の取り組みについての説明に始まり、独立系ファイナンシャル・プランナー(CFP®)として関西を中心に活動中の合田菜実子氏による講義、続いて参加者を4つのグループに分けて、情報交換会を行いました。

情報交換会では、他校の先生同士による、自校のパーソナルファイナンス教育の取り組みについての発表・意見交換を実施しました。

『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例・実践模擬授業

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)合田菜実子氏

合田氏の講義

合田氏の講義では、先生方を生徒に見立て、実際に授業を行う“模擬授業”が実施されました。授業実施時の工夫点や、生徒たちに伝えたいポイントを織り交ぜての説明がなされました。

模擬授業の中で合田氏は、知識を与える一方通行の授業ではなく、金融を身近に感じてもらうために「気づきを与える授業を実践することが重要である」と強調していました。

先生方からも「具体的に考え、自分のこととして気づかせることの大切さを感じた」などの感想が聞かれました。

情報交換会

情報交換会の様子

情報交換会では、4グループに分かれて、各高校でのパーソナルファイナンス教育への取り組みと問題点について話し合う、グループワークを行いました。

各グループ内で発表し合った後に、グループの代表者が発表された内容について報告を行いました。
また、課題についても意見交換がなされ、講師の合田氏からは、課題解決のためのアドバイスなどを行っていただきました。

終始、積極的に意見が出された情報交換会となりました。

「パーソナルファイナンス教育への取り組みについて」、「テキストとインストラクターズマニュアルの紹介」、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度について」

日本FP協会 事務局

日本FP協会事務局からは、まず、パーソナルファイナンス教育への主な取り組みとして、高等学校などを対象とした学校向けの活動の紹介、金融経済教育用小冊子の制作の目的、頒布状況を説明しました。

次に、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』及び『インストラクターズマニュアル』についてテキストの構成などの説明を、また、現在3級FP技能検定を導入している高校の取り組みについて紹介し、受検対策の実施状況や、指導の中で苦労している点などアンケート結果を発表しました。

最後に、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度」について運営実績やインストラクター派遣の流れなどについて説明しました。

【参加者数】

学校教員・教育関係者 15名

【プログラム内容】
13:00~13:30 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組み、テキスト・マニュアルの紹介
(日本FP協会)
13:30~14:30 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例・実践模擬授業
■講師
ファイナンシャル・プランナー 合田 菜実子氏(CFP®認定者)
休憩
14:40~15:30 情報交換会、質疑応答
15:30~16:00 パーソナルファイナンス教育インストラクター制度および派遣実績の紹介
(日本FP協会)

テキスト活用セミナーin 東京(2013年8月20日開催)実施報告

日本FP協会本部事務所(東京・港区)にて、高等学校教員の方を対象としたテキスト活用セミナーを開催いたしました。

当日は、東京都立西高等学校校長の宮本久也様とファイナンシャル・プランナーの鹿野佐代子様に高校での取り組み、特別支援学校での取り組みについて、それぞれ迫力あるご講演をしていただきました。

講演後、複数のグループに分かれて、先生方同士で意見交換を行いました。

「キャリア教育とパーソナルファイナンス」

東京都立西高等学校 宮本久也先生

宮本校長先生の講演では、キャリア教育の概要と、西高での取り組みについて詳細に解説いただきました。西高では、三年間の進路指導の流れが、月ごとに細かく計画されており、生徒には各学年に毎年進路ノートを配付しています。

進路ノートは、生徒が自分の将来について段階を追って考えをまとめ、最終的には自らの将来の目標を明確にできるよう編集されているそうです。

パーソナルファイナンスは、キャリア教育のキャリアプランニングを考える中で、教科学習で学んだことを踏まえながらパーソナルファイナンスについて考えさせていると解説いただきました。

西高の多彩なキャリア教育の取り組みに、セミナーに参加した先生より「普通科、商業科等の種別を問わず、高校ごとに工夫し、視点を変えるだけで、様々な取り組みができると感じました。」と感想をいただきました。

「特別支援学校でのパーソナルファイナンス教育実践例」

ファイナンシャル・プランナー(AFP)鹿野佐代子氏

鹿野氏の講義では、特別支援学校においてパーソナルファイナンス教育を実施するポイントの説明と、授業事例として、生活費目を理解してもらうワークや、袋分けで生徒自身が生活費の予算を考えるワークをご紹介いただきました。

どのワークも模擬紙幣を活用して実践します。生活費の袋分けは、実際に社会人の知的障がい者の方に実践した事例とその効果もご紹介いただきました。

参加された先生からは、「生き抜く力とともにパーソナルファイナンスが必要不可欠だと思います。」「具体的なわかりやすい支援が必要ですね。」などの感想をいただきました。

【参加者数】

学校教員の方38名

【プログラム内容】
13:05~14:10 ■プログラム
「キャリア教育とパーソナルファイナンス」
■講師
東京都立西高等学校 校長 宮本久也氏
14:10~14:15 休憩
14:15~15:15 ■プログラム
「特別支援学校でのパーソナルファイナンス教育実践例」
■講師
ファイナンシャル・プランナー(AFP)鹿野 佐代子氏
15:15~15:25 休憩
15:25~15:40 教材紹介・授業事例(日本FP協会)
15:40~16:00 情報交換会

テキスト活用セミナーin 仙台 (2013年8月6日開催) 実施報告

8月6日(火)宮城県・TKPガーデンシティ仙台にて、高等学校の教員の方を対象としたパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)セミナーを開催いたしました。

当日は、ファイナンシャル・プランナーの首藤寛之氏による講義や参加者の方々と情報交換会を行いました。

セミナー後のアンケートでは、「今の生徒に特に必要だと思いました。2年生にこのような学習をしっかりやっておくと、就職先の決定などにも直結するのではないかと思います」や「金融経済教育の必要性を痛感させられました」などの感想をいただきました。

『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用実践事例

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)首藤寛之氏

首藤氏の講義

首藤氏の講義では、パーソナルファイナンス教育を授業で行う目的や必要性についての話や、実際に派遣先の学校で実施している授業を先生方にも体験していただき、また、授業を行う際の工夫点などを織り交ぜて説明を行っていただきました。

参加された先生の中には、「3年生にぜひやっていただいて、これからの人生の道しるべとしてほしいです。」という感想もいただきました。

情報交換会

情報交換会では、各高校での金融経済教育への取り組み、課題や問題点についてお一人ずつ発表をしていただきました。

その際に出た悩みや問題点などについて他校の先生がアドバイスする場面があり、また、講師の首藤氏からは課題を解決するためのポイントなどもいただき、和やかな中で密度の濃い内容となりました。

「パーソナルファイナンス教育への取り組みについて」、
「テキストとインストラクターズマニュアルの紹介」、
「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度について」

日本FP協会 事務局

協会の講義風景

日本FP協会事務局からは、まず、「パーソナルファイナンス教育への取り組みや活動内容について」の説明を行いました。

金融経済教育への主な取り組みとして、高等学校などを対象とした学校向けの活動の紹介、金融経済教育用小冊子の制作の目的、頒布状況を説明しました。次に、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』についてテキストの構成などの説明を、また、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度」について運営実績やインストラクター派遣の流れなどについて説明しました。

【参加者数】

学校教員の方6名

【プログラム内容】
13:30~14:00 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組み、テキスト・マニュアルの紹介(日本FP協会)
14:00~14:50 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例
■講師
ファイナンシャル・プランナー 首藤 寛之氏(CFP®認定者)
15:00~15:15 ■プログラム
パーソナルファイナンス教育インストラクター制度および派遣実績の紹介(日本FP協会)
15:15~15:55 情報交換会
15:55~16:00 質疑応答等(日本FP協会)

高校教員向けセミナーin 大宮 (2012年8月21日開催) 実施報告

8月21日(火)埼玉県・大宮ソニックシティにて、高等学校の教員の方を対象としたパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)セミナーを開催いたしました。

当日は、埼玉県立大宮商業高等学校・非常勤講師の清水龍郎先生と、公益財団法人消費者教育支援センター主任研究員でファイナンシャル・プランナー(CFP®)の柿野成美氏による講義、続いて参加者を2つのグループに分けて、情報交換会を行いました。

情報交換会では、講師の先生方にもグループワークに参加していただきました。参加者は埼玉県内だけでなく、関東他都県や東北地方からもご参加いただきました。

「本校におけるパーソナルファイナンス教育―導入理由とその実践」

埼玉県立大宮商業高等学校・非常勤講師 清水龍郎先生

清水先生の講義

清水先生の講義では、前半はパーソナルファイナンス教育の導入理由を、時代の変化や生徒の実態などの背景からご説明いただきました。
後半では、実際にどのように授業で取り入れたかというお話や、実施する上での課題と照らし合わせて実施に向けてのアドバイス、授業を受けた生徒の感想などが紹介されました。

最後に、パーソナルファイナンス教育は生徒にとって重要であることをご説明いただきました。

先生方からは「今後授業で活用できそうな新しい情報を得ることができた」などの感想をいただきました。

「新学習指導要領に基づいた家庭科の効果的な指導方法」

公益財団法人消費者教育支援センター主任研究員 柿野成美氏(CFP®

柿野氏の講義

柿野氏の講義では、前半は高等学校家庭科の新学習指導要領における改訂の要点や、消費者教育の扱いについて、また「パーソナルファイナンス教育スタンダード」も活用し、ご説明いただきました。

後半では、「リスク管理」と題して、リボ払いや奨学金について先生方にも参加していただきながら、ご説明いただきました。

先生方からは「奨学金について詳しく知らなかったので、勉強するきっかけになった」、「生徒にリスクもきちんと伝えていきたい」などという感想をいただきました。

情報交換会

情報交換会の様子

情報交換会では、2グループに分かれて、金融経済教育の取り組みと課題についてグループワークを行いました。

清水先生、柿野氏にもご参加いただき、課題を解決するためのアドバイスなどをいただきました。
なるべく同じ教科の先生が一緒になるようグループを分けましたが、「同じ教科の先生方の意見が聞けて良かった」などの感想をいただきました。最後に、グループで話し合った内容を発表し、情報を全体で共有しました。

「パーソナルファイナンス教育への取り組みについて」、
「テキストとインストラクターズ マニュアルの紹介」、
「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度について」

日本FP協会 事務局

協会の講義

日本FP協会事務局からは、まず、「パーソナルファイナンス教育への取り組みや活動内容について」の説明を行いました。

金融経済教育への主な取り組みとして、高等学校などを対象とした学校向けの活動の紹介、金融経済教育用小冊子の制作の目的、頒布状況を説明しました。

次に、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』についてテキストの構成などの説明を、また、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度」について運営実績やインストラクター派遣の流れなどについて説明しました。

【参加者数】

学校教員の方12名

【プログラム内容】
13:00~13:10 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組みについて(日本FP協会)
13:10~14:10 ■プログラム
「本校におけるパーソナルファイナンス教育―導入理由とその実践
■講師
埼玉県立大宮商業高等学校 非常勤講師 清水 龍郎氏
14:10~15:10 ■プログラム
「新学習指導要領に基づいた家庭科の効果的な指導方法」
■講師
公益財団法人消費者教育支援センター主任研究員
柿野成美氏(CFP®認定者)
休憩
15:20~16:10 情報交換会
16:10~16:30 ■プログラム
テキストおよびパーソナルファイナンス教育インストラクター制度の紹介等(日本FP協会)

大阪府立堺支援学校(2012年2月24日開催)

特別支援学校において初開催

2月24日(金)、大阪府立堺支援学校にて特別支援学校(盲・聾・養護学校)教員の方を対象としたパーソナルファイナンス研修会を開催しました。

本協会では、これまでも高等学校教員向けのセミナーを実施してきましたが、社会的に弱い立場に立たされるケースの多い支援学校の生徒のための研修会を開催してほしいとのご要望を多くいただいており、このたび大阪府立堺支援学校の全面的なご協力で会場を提供いただき、研修会開催の運びとなりました。

本研修会を通じ、特別支援学校教員の皆さんのパーソナルファイナンス教育に対する関心の高さがうかがえました。

また、各学校での日々の授業の中でパーソナルファイナンス教育を実践していくための知識やノウハウを提供する機会となりました。

パーソナルファイナンス教育 実践例紹介

社会福祉法人 大阪府障害者福祉事業団 鹿野佐代子氏

鹿野氏の講義

鹿野氏は事業団でのお仕事と共に、ファイナンシャル・プランナーとして知的障がい者に対する金銭教育を実践されております。講義では特別支援学校での知的障がいのある生徒に対する「お金のセミナー」の実践事例として、金銭トラブルの実例や、袋分けによる金銭管理などが紹介されました。

知的障がい者に対してお金の授業を実施するときは、言葉だけの授業ではなく模擬紙幣などを活用して、お金はなくなるものであると具体的に生徒に理解させることが大切であるとご説明いただきました。

情報交換会・その他質疑応答

情報交換会の様子

小グループに分かれて、先生方同士で情報共有・情報交換を行いました。

当日は大阪府内のみならず、京都、兵庫、岡山、和歌山、三重、滋賀各府県より約80名の先生方が参加されました。

参加した先生からは、「様々な種別の支援学校の先生方のお話が聞けてよかった。」「他校の様子と、共通課題がわかった。」などの感想がありました。他府県の事情を知ることができ、支援学校の先生同士のネットワーク構築にも役立てていただけたと思います。

【参加者内訳】

支援学校の教員の方 約80名

【プログラム内容】
15:30 開会 会場校よりごあいさつ
大阪府立堺支援学校 校長 須田正信氏
15:30~15:40 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育の必要性について」
■講師
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
15:40~16:30 ■プログラム
パーソナルファイナンス教育 実践例紹介
■講師
社会福祉法人 大阪府障害者福祉事業団 鹿野佐代子氏
16:30~16:35 ■プログラム
日本FP協会の取り組み
■講師
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
16:35~17:00 情報交換会
  • グループディスカッション
  • その他質疑応答

新潟県立長岡大手高等学校(2011年12月2日開催)

家庭部会において研修会を実施

「新潟県高等学校教育研究会家庭科部会委員会」幹事の新潟県立長岡大手高等学校 佐野由美子先生より、委員会の主催する研修会においてFPによる講演ができないかというお問い合わせをいただき、12月2日(金)同校においてファイナンシャル・プランナーの田中尚実氏による研修会を実施する運びとなりました。

当日は新潟県内の家庭科の先生方に多数ご参加いただきました。

「家庭経済の効果的な教え方」

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)田中尚実氏

田中氏の講義

田中氏の講義では、テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』の読み方・使い方のポイントなどについての説明や、「お金のトラブル」「さまざまな働き方」「ライフプランとお金」の3つのテーマについて、事例やクイズを交えながら講義を行いました。

また、途中ワークシートの作業を取り入れたり、グループごとに討議をして代表者に発表していただいたりなど、盛りだくさんの内容の講義となりました。

参加された先生からは、「授業内容に活用できる内容でした」「充実した研修会でした」などの感想をいただきました。

【参加者数】
グループワーク作業風景

新潟県内家庭科教員の方  55名

テキスト活用セミナーin 東京(2011年8月26日開催)実施報告

8月26日(金)虎ノ門タワーズオフィス カンファレンス(当協会入居ビル内)にて、高等学校の教員の方を対象としたテキスト活用セミナーを開催いたしました。

当日は、東京都立小石川中等教育学校・上智大学講師の新井明先生と、ファイナンシャル・プランナーの益山真一氏による講義を行いました。

各教科たくさんの先生方にご参加いただきました。セミナー後のアンケートでは、「テキストや資料がとても参考になった」、「金融経済教育の大切さと必要性について改めて認識を深めることができた」などの感想をいただきました。

「高等学校におけるこれからの金融経済教育の進め方」

東京都立小石川中等教育学校・上智大学講師 新井明先生

新井先生の講義

新井先生の講義では、前半はパーソナルファイナンス教育を考慮した高等学校における金融経済教育の現状や、新学習指導要領と金融経済教育の関連について、後半では実践例の紹介やテキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』の読み方・使い方のポイントなどについてご説明をいただきました。

最後に、パーソナルファイナンス教育を導入するにあたって先生方へのアドバイスをお話いただきました。

『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)益山真一氏

益山氏の講義

益山氏の講義では、「パーソナルファイナンス教育の授業の進め方・組み立て」についてや、参加者の方々から事前にアンケートをとり希望の多かった3つのテーマ「ライフプランとお金」、「税金と社会保険」、「お金のトラブルに巻き込まれないために」について、それぞれ実際に派遣先学校で実施している授業の事例を、工夫点などを織り交ぜながら説明を行っていただきました。

参加された先生の中には、「授業事例をとても興味深く聞かせてもらい大変勉強になりました。」という感想もいただきました。

「パーソナルファイナンス教育への取り組みについて」、
「テキストとインストラクターズマニュアルの紹介」、
「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度について」

日本FP協会 事務局

協会の講義風景

日本FP協会事務局からは、まず、「パーソナルファイナンス教育への取り組みや活動内容について」の説明を行いました。

次に、高校生向けテキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』について、制作の目的や頒布状況、テキストの構成内容などの説明を行いました。

最後に、「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度」について、制度立ち上げの背景や制度開始からの運営実績、インストラクター派遣の流れなどについて説明をいたしました。

【参加者数】

学校教員の方22名

【プログラム内容】
13:30~13:45 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組みについて(日本FP協会)
13:45~14:45 ■プログラム
「高等学校におけるこれからの金融経済教育の進め方」
■講師
東京都立小石川中等教育学校・上智大学講師 新井 明氏
14:45~15:00 『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト等のご紹介(日本FP協会)
休憩
15:15~16:05 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例
■講師
ファイナンシャル・プランナー 益山 真一氏(CFP®認定者)
16:05~16:30 ■プログラム
パーソナルファイナンス教育インストラクター制度のご紹介等(日本FP協会)

テキスト活用セミナーin 大阪(2011年1月8日開催)実施報告

1月8日(土)AP梅田大阪(旧アクスネッツ大阪梅田)にて、高等学校教員の方を対象としたテキスト活用セミナーを開催いたしました。

当日は、大阪市立鶴見商業高等学校商業科の首席 高木寿明先生と、ファイナンシャル・プランナーの下村啓介氏による講義を行いました。

各教科たくさんの先生方にご参加いただきました。セミナー後のアンケートでは、「テキスト・資料がとても参考になった」、「自分自身のライフプランの参考にもなった」などの感想をいただきました。

「わが校におけるパーソナルファイナンス教育」

大阪市立鶴見商業高等学校 高木寿明先生

高木先生の講義

高木先生の講義では、現在同校で実施されている、当協会のパーソナルファイナンス教育インストラクター派遣を活用したパーソナルファイナンス授業について、授業を取り入れた経緯や授業計画案などについてご説明をいただきました。

また、パーソナルファイナンス授業を受けた生徒さんの感想のご紹介や、生徒のみなさんはパーソナルファイナンスに関心が高いとのご説明がありました。

最後に、新学習指導要領と金融経済教育の関連性や今後の課題などについてもご説明をいただきました。

『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用実践事例

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)下村啓介氏

下村氏の講義

下村氏の講義では、前半は参加者の方々から事前にアンケートをとり、特に希望の多かったテーマ「お金のトラブル」について、実際に派遣先学校で実施している授業を実践形式で行っていただきました。

また、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキストを活用し、テキスト内のテーマごとにポイントとなる内容を解説していただきました。

後半は、パーソナルファイナンス授業を生徒に教えるにあたってのご自身の工夫例を、実例を混ぜながらご説明いただきました。

「パーソナルファイナンス教育への取り組みについて」、
「テキストとインストラクターズマニュアルの紹介」、
「パーソナルファイナンス教育インストラクター制度について」

日本FP協会 事務局

協会の講義風景

日本FP協会事務局からは、まず、パーソナルファイナンス教育への取り組みや活動内容についての説明を行いました。

次に、高校生向けテキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』および『インストラクターズマニュアル』について、制作の目的や頒布状況、テキストの構成内容などの説明を行いました。

最後に、パーソナルファイナンス教育インストラクター派遣について、制度立ち上げの背景や運営実績、インストラクター派遣の流れなどについて説明をいたしました。

【参加者数】

学校教員の方18名

【プログラム内容】
13:30~13:45 ■プログラム
「パーソナルファイナンス教育」への取り組みについて(日本FP協会)
13:45~14:45 ■プログラム
「わが校におけるパーソナルファイナンス教育」
■講師
大阪市立鶴見商業高等学校 商業科 教諭 高木 寿明氏
休憩
15:00~15:15 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト等のご紹介(日本FP協会)
15:15~16:15 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用実践事例
■講師
ファイナンシャル・プランナー 下村 啓介氏(CFP®認定者)
16:15~16:30 ■プログラム
パーソナルファイナンス教育インストラクター制度のご紹介等(日本FP協会)

テキスト活用セミナーin 名古屋(2010年8月23日開催)実施報告

8月23日(月)、ウインクあいち(愛知県産業労働センター)にて、高等学校教員の方を対象としたテキスト活用セミナーを開催いたしました。

当日は、大阪市立鶴見商業高等学校 商業科の首席 高木寿明先生と、ファイナンシャル・プランナーの菅田芳恵氏による講義を行いました。

名古屋では初の開催となりましたが、各教科たくさんの先生方にご参加いただきました。セミナー後のアンケートでは、「役立つ情報だった」、「10年後の自分を語る会話が良かった」などの感想をいただきました。

「10代から学ぶパーソナルファイナンス」テキスト活用事例

大阪市立鶴見商業高等学校 高木寿明先生

高木先生の講義

高木先生の講義では、パーソナルファイナンス教育の取り組みについて、前任校で実施された内容や、現在行っている当協会のパーソナルファイナンス教育インストラクター制度を活用したパーソナルファイナンス授業についてご紹介いただきました。

パーソナルファイナンス授業を取り入れた経緯や授業計画案、ワークシートなどについてご説明いただきました。

また、パーソナルファイナンス授業を受けた生徒の感想文もご紹介くださり、生徒のみなさんがパーソナルファイナンスに関心が高いことをご説明いただきました。

「パーソナルファイナンスとは」「授業に役立つ先生のためのお金の講座」

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)菅田芳恵氏

菅田氏の講義

菅田氏の講義では、パーソナルファイナンスの重要性と、ファイナンシャル・プランナーが扱う様々な分野のテーマの中で、外国為替とFX、公的年金制度、介護保険について、具体例やエピソードなどを交えてご解説いただきました。

最後にライフプランニングでは、参加者がペアになって10年後の自分について自己紹介するワークショップを行いました。

【参加者数】

学校教員の方17名

【プログラム内容】
13:00~14:00 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例
■講師
大阪市立鶴見商業高等学校 商業科 教諭 高木 寿明氏
14:00~15:00 ■プログラム
「パーソナルファイナンスとは」
「授業に役立つ先生のためのお金の講座」
■講師
ファイナンシャル・プランナー 菅田 芳恵氏(CFP®
休憩
15:10~16:00 情報交換・相談、パーソナルファイナンス教育インストラクター制度のご紹介等(日本FP協会)

テキスト活用セミナーin 東京(2010年8月20日開催)実施報告

8月20日(金)、日本FP協会本部事務所(東京・港区)にて、高等学校教員の方を対象としたテキスト活用セミナーを開催いたしました。

当日は、栃木県立宇都宮中央女子高等学校 家庭科の非常勤講師で消費生活アドバイザーでもある大原弘子先生、埼玉県立大宮商業高等学校 主幹教諭 白井智也先生、およびファイナンシャル・プランナーの浅川陽子氏による講義を行いました。

公民・家庭・商業科などさまざまな教科の先生方にご参加いただき、講義後には参加者の先生方同士で意見交換を行いました。

セミナー後のアンケートでは、「授業内で実際に使用できそうな内容の講習で参考になった」、「他教科の先生方と意見交換ができてよかった」などの感想をいただきました。

「10代から学ぶパーソナルファイナンス」テキスト活用事例
~学校でもっとお金のはなしをしよう!~

栃木県立宇都宮中央女子高等学校 大原弘子先生

講義を行う大原先生(中央正面)

大原先生の講義では、「お金の教育」が学校で重要視されなかった理由について解説された後、お金の教育を実施するにあたり、『10代から学ぶパーソナルファイナンス』のような副読本の活用が有効であると説明されました。

授業事例「私の街の金融機関」と「金利に強くなる」では、生徒達の近所の街にある金融機関を調べ、実際に地図上の金融機関を機能別に色分けさせる授業と、生徒達が苦手意識を持ちやすい金利計算について、生徒の関心を高めるユニークな導入例をご紹介いただきました。

「10代から学ぶパーソナルファイナンス」テキスト活用事例
~表計算ソフトを利用したライフプランニング~

埼玉県立大宮商業高等学校 白井智也先生

白井先生による「私のライフプラン」の解説

白井先生の講義では、金融教育の取り組みについてのご説明の後、事例紹介として白井先生のご指導のもと情報処理部の生徒様が表計算ソフトで作成した「私のライフプラン」についてご説明いただきました。

この「私のライフプラン」は、中学生でも簡単にライフプラン表を作成できるエクセルシートで、実際に高校生が中学生に対して金融教室を実施する際に活用したものです。講義では、さらに高校生向けにアレンジしたものを解説していただきました。

このエクセルシートを活用することで、おおまかなライフプランを作成することができ、ライフイベントの選択を変更することで、いくつかシミュレーションをすることもできるとの説明がありました。

この「私のライフプラン」は、白井先生のご厚意で、参加された先生方に配付させていただきました。

「パーソナルファイナンスとは」「授業に役立つ先生のためのお金の講座」

ファイナンシャル・プランナー(CFP®)浅川陽子氏

浅川氏の講義

浅川氏の講義では、パーソナルファイナンスの重要性と、ファイナンシャル・プランナーが扱う様々な分野のテーマの中で、ライフプランニング、貯蓄・運用の考え方、公的年金と介護保険、悪質商法と、短い時間の中で、基礎的な内容の説明と、高校生に教えるポイントなどを解説いただきました。

【参加者内訳】

学校教員の方22名

【プログラム内容】
13:00~13:50 ■プログラム
『10代から学ぶパーソナルファイナンス』テキスト活用事例
■講師
栃木県立宇都宮中央女子高等学校 家庭科 非常勤講師・消費生活アドバイザー
大原 弘子氏
埼玉県立大宮商業高等学校 商業科 主幹教諭 白井 智也氏
13:50~14:40
休憩10分
14:50~15:40 ■プログラム
「パーソナルファイナンスとは」
「授業に役立つ先生のためのお金の講座」
■講師
ファイナンシャル・プランナー 浅川 陽子氏(CFP®
15:40~16:30 情報交換・相談、パーソナルファイナンス教育インストラクター制度のご紹介等(日本FP協会)
上へ