FPコラム

日本FP協会が認定するファイナンシャル・プランナーの上級資格をもったCFP®認定者が、くらしとお金に関する社会保障制度や税制の解説から、生活の中で見つけたちょっとしたアイデアまで、みなさまのファイナンシャル・プランニングを考える際のきっかけ作りとなるような情報をファイナンシャル・プランナーの幅広い視野で取り上げ、月1~2回お送りしています。

  • ※バックナンバーは、原則執筆当時の法令・税制等に基づいて書かれたものをそのまま掲載していますが、一部最新データ等に加筆修正しているものもあります。
  • ※コラムニストは、その当時のFP広報センタースタッフであり、コラムは執筆者個人の見解で執筆したものです。
最新号
2019年10月号(1)
その他
CFP®認定者 嶋田 哲裕

令和はキャッシュレス時代に。上手に付き合うには。

 いよいよ消費税が上がりました。政府が実施する増税景気対策の中に、キャッシュレス・ポイント還元事業があり、キャッシュレス決済を利用する人が増えそうです。賢く消費をする為にも活用したい制度ですね。
 関心度が高まる一方、「種類が多くて何がいいのか分からない」、「支出管理が難しくなりそう」などの声も聞かれます。そこで、今回はキャッシュレス決済の仕組みや利用する際のポイントなどをまとめました。

キャッシュレス決済とは

 「現金を使わない決済」のことです。具体的には、クレジットカードやデビットカード、交通系ICカードに代表される電子マネーを使ったり、スマホでQRコードを読んだり、バーコードを読み取ってもらったりして、店頭で現金を使わずに支払いをします。
 実際には、決済することで自分の銀行の残高が減ることになります(チャージ等で事前に、銀行から電子マネーなどへ移した分も含めた残高)。

種類は多いが、大きくは2つ

 キャッシュレス決済のサービスは、種類が多いというイメージがあります。簡単には、銀行口座(チャージ分も含む)からお金が減るタイミングに注目すると、「即払い」と「後払い」の2つに分かれます。
 「即払い」組は、デビットカードや現金を事前にチャージして使う電子マネー、事前チャージ式のQRコード決済方式です。一方の「後払い」組は、クレジットカードや後払い方式の電子マネー、クレジットカードを決済方式に使用するQRコード決済方式です。

ポイント還元やキャッシュバックで、さらにお得

 既に使っている方は実感されていると思いますが、キャッシュレス決済を上手に使うとお得なことが多いです。消費増税対策で、2020年6月末までは、中小規模小売店では5%、コンビニチェーン店などでは2%のポイント還元で、実質値引きを受けられます。
 また、キャッシュレス事業者によっては、ユーザーの認知向上や囲い込みのため、独自でキャッシュバックなどのキャンペーンを行っています。どのキャッシュレス決済方法が、自分の消費行動にとってお得なのか事前に調べることが大事です。

スムーズに支払い出来るように、事前準備を

 クレジットカード、デビットカードには不要ですが、チャージが必要な電子マネーやQRコード決済方式の場合は、事前のチャージや銀行口座の登録などが必要です。また、クレジットカード決済を利用するQRコード決済方式の場合は、事前にクレジットカード情報の登録などの準備が必要です。
 特に、QRコード決済の場合、レジでスマホのQRコード決済アプリを立ち上げなければなりません。くれぐれもレジ渋滞を引き起こさないように、是非、レジに並ぶ前に、スマホのアプリを準備してスムーズに支払いが出来るようにしましょう。

便利だけど使い過ぎには注意

 現金と違い、支払いの管理にひと工夫が必要なのがキャッシュレス決済。手元の現金が減らないので、慣れていないと、ついつい使い過ぎる傾向にあると言われます。
 いくら使ったか銀行の残高に反映されますが、後払い方式だとタイムラグがあります。そこで、スマホのアプリやwebサービスなどを上手に活用して、毎月の支払い(利用金額)を確認しましょう。アプリやwebサービスでは、自動的に決済情報を家計簿に集計してくれるサービスもあります。「家計簿をつけるのは、なかなか続かない」という悩みをお持ちの方も、キャッシュレス決済の利用をきっかけに、手軽に家計簿管理を初めてみるのもいいでしょう。

バックナンバーを見る

さらに過去のFPコラムをカテゴリ別で見る

上記以前のコラムは以下の6つに分類して掲載しています。

上へ