主なライフイベントにかかる費用の目安

  • LIFE EVENT 1 就職活動費 約16万円

    リクルートスーツ代、
    交通費、宿泊費など

    株式会社ディスコ2016年度
    日経就職ナビ学生モニター
    調査結果より

  • LIFE EVENT 2 結婚費用 約461万円

    結納・婚約~新婚
    旅行までにかかった
    費用総額(全国推計値)

    ゼクシィ
    結婚トレンド調査2015」より

  • LIFE EVENT 3 出産費用 約49万円

    出産費用の総額
    (入院料・室料差額・
    分娩料・検査・薬剤料・
    処置・その他)

    厚生労働省
    「第78回社会保障審議会
    医療保険部会配布資料」より

  • LIFE EVENT 4 教育資金 約969万円

    子ども1人当たりの
    総額(幼稚園から
    高校まで公立、
    大学のみ私立の場合)

    文部科学省「子供の
    学習費調査(平成26年度)」、
    「私立大学等の入学者に
    係る学生納付金調査結果に
    ついて(平成26年度)」より

  • LIFE EVENT 5 住宅購入費 約3,320万円

    住宅の平均購入価格で
    建売住宅は約3,320万円、
    マンションは約4,250万円

    住宅金融支援機構「2015年度
    フラット35利用者調査報告」
    より

  • LIFE EVENT 6 老後の生活費 約28万円

    高齢夫婦無職世帯の
    支出約28万円/月

    総務省「家計調査年報(家計
    収支編)」平成27年家計の
    概況より

  • LIFE EVENT 7 介護費用 約16万円

    介護保険受給者
    1人当たり使用額
    は約16万円/月

    保険給付額、公費負担額
    及び利用者負担額の合計額

    厚生労働省「平成26年度介護
    給付費実態調査の概況」より、
    上記は平成27年4月審査分

  • LIFE EVENT EX 緊急資金 約60万円

    生活費の3ヵ月分~
    1年分を確保。(1ヵ月の
    生活費が20万円なら
    60万円~240万円)

ライフイベントに必要な費用をチェック!

わたしたちの一生涯には、就学、就職、結婚、出産・子育て、住宅購入、リタイアなどさまざまな出来事(=ライフイベント)が控えています。各ライフイベントを実行するには、大きな出費が発生することもあります。

例えば、車の買替えや住宅購入の時期、さらに子どもの進学等の時期が重なってしまうなど、まとまった資金が短期間で必要となった場合、事前準備(貯蓄)がないと慌ててしまうでしょう。そこで、先々のライフイベントを見越して必要資金の準備を始めておくことがとても重要です。

ライフイベントにかかる費用だけでなく、病気やケガで働けなくなったときや急なリストラにあったときなど、緊急時のための備え(緊急資金)も大切です。

どんなイベントにどのくらいお金がかかるのか、目安を知ることが夢や目標をかなえるための第一歩です。

自分の将来について考える

夢や目標は人それぞれ
自分は「どう生きるのか」を考えましょう

目安を知ることはとても大事なことですが、自分はどんな人生を送りたいのか?いつ、どんなライフイベントを迎えるのか、いくらくらいお金がかかるのかは、人によってさまざまです。

将来の夢や自分の生き方を具体化する自分なりのライフプラン(=生涯生活設計)を立ててみることで、必要となるお金を計画的に準備することができ、漠然と描いていた夢がより現実に近づきます。

「自分で学ぶ」「アドバイスをもらう」
ライフプランを立てる方法はいろいろ

ゼロから自分でライフプランをたてたり、その資金計画を作ったりするのは難しいかもしれません。
まずは現状のままだと将来のお金がどうなるのか、診断してみることからはじめましょう。
その次のステップは、学んだり、教えてもらったりと方法はいくつもあります。

診断してみる

カンタン入力で自分のライフプランを診断してみましょう。

見直してみる

現状の家計を把握し、見直しをしてみましょう。

学んでみる

「くらしとお金」の基礎知識を学んでみましょう。

上へ