AFP再認定ルールの概要

資格を喪失された状況等により、以下の要件のいずれかを満たすことで、AFP資格を復活することができます。

資格を喪失された状況 AFP再認定要件(いずれか)
2級FP技能
検定の合格
(1)
継続教育
単位の取得
(2)
AFP登録審査
試験合格
(3)
2級FP技能
検定の再受検
(4)
AFP認定研修
の再受講
A.

資格認定会員
(CFP®・AFP)
から一般会員への
移行日から1年以内

22.5
単位
*1
× 22.5
単位
×
B.

資格認定会員
(CFP®・AFP)
から一般会員への
移行日から2年以内

30単位 *1
× 30単位 ×
C.

資格認定会員
(CFP®・AFP)
から一般会員への
移行日から2年を経過

× *1
× × ×
D.

日本FP協会を
退会している方

× *1
× × ×
一般会員移行日とは

一般会員カード記載の再認定有効期間の開始日が一般会員移行日となります。

*1

すでに「2級FP技能士」をお持ちの方で、資格認定会員の資格を喪失された方が2級FP技能検定に受検申請する場合、学科試験を免除申請することができます。

(1)継続教育単位の取得

以下の対象者は、所定の期間までに「継続教育単位を取得し、協会に報告する」ことでAFP認定者へ復活することができます。

対象者

「資格認定会員から一般会員へ移行してから2年以内に所定の要件を満たし、協会に書面にて取得単位の報告をすることができる方」

「一般会員に移行し、2年を経過」または「所定の期限内に継続教育単位を取得し、協会へ報告することが物理的に不可能な方」はこの手続によるAFP認定者へ復活はできません。

必要単位数等

一般会員移行日からの経過期間により、AFP認定者への復活に必要な継続教育単位数が異なりますのでご注意ください。

下記A・Bは本ページ最上部をご参照ください。

  1. A.

    一般会員移行日から1年以内の期間に、「FP実務と倫理」課目1単位を含む合計3課目以上、22.5単位の継続教育単位を取得し、協会に書面にて報告し所定の手続きを経る。

  2. B.

    一般会員移行日から1年以上が経過した場合、一般会員移行日から2年以内の期間に、「FP実務と倫理」課目1単位を含む合計3課目以上、30単位の継続教育単位を取得し、協会に書面にて報告し所定の手続きを経る

資格認定会員時に取得した継続教育単位はカウントできません。

AFP再認定手続き方法

継続教育単位を取得後、「AFP再認定継続教育単位取得申請書」(協会指定用紙)を以下の会員フリーコールへご請求ください。単位取得証明書類のコピーと共にその報告書にて取得した単位をご報告いただいたのち、AFP再認定の会員登録申請書類を送付いたします。

手続きの詳細は下記の関連リンク「AFP再認定の手続き方法①」をご覧ください。

書類の請求先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

(2)AFP登録審査試験の合格

以下の対象者は、協会が実施するAFP登録審査試験に合格し、所定の期限までに所定の手続きを行うことで、AFP認定者へ復活することができます。

対象者

下記A・B・C・Dは本ページ最上部をご参照ください。

A・B・C

:「資格認定会員から一般会員へ移行した方」

D

:「資格認定会員を退会した方」

AFP登録審査試験の概要

全国に設置された受験会場において実施いたします。PCに用意された問題に、マウスやキーボードを使って解答するものです。設問50問に対し、60%以上の正解をもって合格となります。受験料は10,800円(税込)です。

AFP再認定の手続き方法

AFP登録審査試験の試験終了後、試験会場で試験結果『AFP登録審査試験結果レポート』を本人に渡します。
AFP登録審査試験に合格された方には、AFP再認定の会員登録申請書類を合格日より1週間から10日後程度で送付いたします。
このAFP再認定の会員登録申請書類で所定の期間内(合格日が属する月の翌月1日から6ヵ月以内)に手続きを完了することが必要です。

手続きの詳細は下記の関連リンク「AFP再認定の手続き方法②」をご覧ください。

(3)2級FP技能検定の再受検による合格

以下の対象者は、2級FP技能検定を再受検して合格し、所定の手続きを完了することで、AFP認定者へ復活することができます。

対象者

下記A・B・C・Dは本ページ最上部をご参照ください。

A・B・C

:「資格認定会員から一般会員へ移行した方」

D

:「資格認定会員を退会した方」

2級FP技能検定の再受検について

2級FP技能検定を受検し、合格(学科・実技とも)することでAFP認定者に復活することが可能となります。(再受検を意味します)

すでに「2級FP技能士」をお持ちの方で、資格認定会員の資格を喪失された方が2級FP技能検定に受検申請する場合、学科試験を免除申請することができます。

AFP再認定の手続き方法

AFP再認定の会員登録申請書類を入手し、期限(合格した試験日の翌々年度末)までにお手続きください。

手続きの詳細は下記の関連リンク「AFP再認定の手続き方法②」をご覧ください。

書類の請求先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

(4)AFP認定研修の再受講による修了

以下の対象者は、AFP認定研修を再受講して修了し、所定の手続きを完了することで、AFP認定者へ復活することができます。

対象者

下記A・B・C・Dは本ページ最上部をご参照ください。

以下のいずれかに該当する方で、すでに1級・2級FP技能士をお持ちの方

A・B・C

:「資格認定会員から一般会員へ移行した方」

D

:「資格認定会員を退会した方」

AFP認定研修の再受講について

AFP認定研修を再受講し、修了することで、AFP認定者に復活することが可能となります。
1級・2級FP技能士向けAFP認定研修の詳細は下記の関連リンク「FP技能検定(1級・2級)合格者向けAFP認定研修の認定研修について」をご覧ください。
また、1級・2級FP技能士向けAFP認定研修の開講情報については下記の関連リンク「FP技能検定(1級・2級)合格者向けAFP認定研修の開講情報」をご覧ください。

AFP再認定の手続き方法

AFP再認定の会員登録申請書類を入手し、期限(修了日の翌々年度末)までにお手続きください。

手続きの詳細は下記の関連リンク「AFP再認定の手続き方法②」をご覧ください。

書類の請求先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)
上へ