AFPマークの使用について

AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格を保持していることが、一般の人々にもはっきりとわかるためのAFPマークがあります。このマークを使用することによって、消費者・生活者がAFP認定者であることをすぐに確認でき、かつ他のFPと識別できることを目的としています。以下の使用ガイドに基づいて十分に活用してください。

AFP商標とは

次の各商標は、日本FP協会の登録商標です。

(1)AFP
(2)AFFILIATED FINANCIAL PLANNER
(3)アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー

AFPマークの使用方法

AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)ライセンシーは、自らの文具用品(名刺、封筒、レターヘッド、提案書など)にマークを使用することができます。AFPマークは図形(炎と象徴)とAFPの頭文字をデザイン化した部分で構成されています。これらは常に一緒に使わなければなりません。図形と頭文字をばらばらにして使うことはもちろんのこと、AFPマークを変更したり、何かを付け加えたりしてはなりません。 また、ライセンシー個人名近くにマークを置き、ライセンシーの名前とAFP認定者であることを明白にするようにしてください。

AFPマークの印刷色

原則として図形部は黒、青、赤いずれか、AFPの頭文字は黒を使用します。青色はインキNo.DIC255、赤色はインキNo.DIC305を使用してください。印刷を発注する際、印刷会社にこのインキNo.を伝えることで色指定ができます。

●BL1色の場合
●DIC255+BLの場合
●DIC305+BLの場合

Myページから、データをダウンロードできます。

Myページ(ログイン)

AFPマークの使用許諾

AFPマークは、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が使用許諾したAFP認定者以外が使用することはできません。すなわち、AFP試験に合格し、なおかつ日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が登録認定したAFP認定者のみが使用できるものです。AFPマークとその使用方法などについての質問は、日本FP協会までお問い合わせください。

AFP名刺の作成例

AFP認定者は、前記の文章を熟読の上作成してください。

  • 注1.

    名前のそばに「AFPまたはAFP(日本FP協会認定)」を入れてください。

  • 注2.

    会社名・肩書き・保有資格のそばに「日本FP協会認定」は入れないでください。

名刺画像

上へ