3.AFP資格更新要件

AFP資格を更新するためには、以下の4つすべて満たす必要があります。

(1)単位数を15単位以上取得していること

AFP 15単位 「FP実務と倫理」の1単位以上を含む3課目以上

AFP資格を更新するためには、定められた継続教育期間ごとに15単位以上の継続教育単位を取得していることが必要です。

継続教育期間内に取得した継続教育単位が対象となります。継続教育期間開始前に取得した単位は対象となりません。また、15単位を超えた分を次の継続教育期間に持ち越すことはできません。
※「ご自身の継続教育期間」を必ずご確認ください。

講師や執筆、SGでの単位取得の場合、有効単位数に上限があります。

継続教育単位を下記3つの方法で取得した場合、有効単位数に上限があります。

以下の3つは、それぞれ有効単位数の上限7.5単位まで

  1. (ア)

    講師

  2. (イ)

    執筆

  3. (ウ)

    スタディ・グループ(SG)

(例) SGのみで15単位 → × (7.5単位までが上限)
講師で10単位 → × (7.5単位までが上限)
SGで7.5単位、講師で7.5単位 → ○(課目要件などを満たした場合)

(2)課目をFP実務と倫理(1単位以上)を含む3課目以上履修していること

AFP 15単位 「FP実務と倫理」の1単位以上を含む3課目以上

「FP実務と倫理」(1単位以上)を含む
3課目以上履修していることが必要です。

「FP実務と倫理」課目1単位の取得方法例
  • 「FPジャーナル継続教育テスト」1回分に合格すると「FP実務と倫理」1単位
  • Myページ「FP実務と倫理テスト」1回分に合格すると3単位

したがって、いずれも1回分の合格で必須課目の要件を満たすことができます。

(3)単位の取得記録(証明書等)を自身で管理していること

取得した単位の管理は、原則として自己管理を行うことが必要ですが、協会では『Myページ』の中に取得した単位が管理できる機能を設けています。自己の学習記録を『Myページ』に記録することで、更新手続の利便性を高めています。

なお、「単位取得の証明書類」等を受講日から3年間保管していただくことになっていますが、資格更新手続時にその「単位取得の証明書類」等を提出していただく場合があります。証明書類等のご提出をお願いしたにもかかわらず、ご提出いただけない場合には、取得単位が認められないこともあります。取得した単位の証明書類等は、必ずご自身で保管しておいてください。

(4)所定の継続教育期間に更新手続きを行っていること

所定の継続教育期間に更新手続きを行うことが必要です。

●お問い合わせ先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)
上へ