FPに委託している業務の公募

CFP®資格審査試験等の試験委員 *年1回

日本FP協会では、CFP®資格審査試験等の試験を実施していますが、その試験に出題する問題を作成する『試験委員』を年1回募集しています。

CFP®資格審査試験等の試験は、プロフェッショナルなファイナンシャル・プランナーを輩出するために必要な知識等を測る重要な役割を担っています。その試験問題の作成にあなたの持つ「専門知識」や「実務経験」を活かすことができます。試験委員になると専門知識の確認やブラッシュアップはもちろんのこと、文章表現力や執筆力にさらに磨きをかけることができ、専門家同士のネットワークを広げることもできます。

『試験委員』の募集の時期や応募要項等は、メールマガジン「週刊ニュース」、対象者へのメール配信、会報「FPジャーナル」、『Myページ』にてお知らせいたします。

FP広報センタースタッフ(東京) *年1回

「FP広報センター」では、FP普及活動の一環として、生活者の方々に気軽にお電話にてFP相談を体験していただくために、協会本部事務所(東京)に「無料電話相談の窓口」を開設しています。

生活者からの「くらしとお金」に関する疑問や質問に、『FP広報センタースタッフ』が電話にてお答えしています。

その『FP広報センタースタッフ』(CFP®認定者)を毎年1回募集しています。詳細な時期や応募要項につきましては、東京近郊にお住まいのCFP®認定者にメールにてご連絡いたします。

パーソナルファイナンス教育インストラクター *不定期

日本FP協会では、パーソナルファイナンス教育(金融経済教育)に関する知識・経験を持つパーソナルファイナンス教育インストラクター(CFP®認定者・AFP認定者)を高等学校等に派遣し、出張授業を行っています。なお、派遣費用は協会負担です。

授業は、主に高校生を対象に制作された金融経済教育用テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』を使用しています。

『パーソナルファイナンス教育インストラクター』は不定期に募集しています。応募要項、応募資格等は、メールマガジン「週刊ニュース」及び『Myページ』にてお知らせいたします。

CFP®エントリー研修のメンター(講師) *不定期

CFP®資格の認定要件の「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」のうちのひとつである「教育」については、CFP®資格審査試験合格後に実務研修であるCFP®エントリー研修を受講し、修了することとなっています。

そのCFP®エントリー研修のメンター(対象者はCFP®認定者)を数年に一度程度、募集しています。募集時期や応募要件等の詳細につきましては、メールマガジン「週刊ニュース」・対象者へのメール配信・会報「FPジャーナル」・『Myページ』でお知らせいたします。

上へ