パーソナルファイナンス教育インストラクターによる出張授業

パーソナルファイナンス教育に関する経験を持つFP(ファイナンシャル・プランナー)による出張授業を実施しています。独自の金融経済教育用テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』を使い、学習活動を実践的に支援します。なお、派遣費用は当協会が負担します。

パーソナルファイナンス教育インストラクター制度の概要

インストラクターによる授業風景

お申込から授業実施までの流れ

インストラクターの出張授業って?

「どんな学校で実施しているの?」

平成27年度実績より

普通高校をはじめ、総合高校、商業高校、定時制・単位制高校など、さまざまな高校や専門学校・大学等で実施しています。

総合学習やLHR、課題研究などの授業時間を活用して、また、キャリア教育や進路・就職指導、ファイナンスの授業などと関連して、授業を行っています。

「対象の生徒は?」

主に高校生を対象として授業を実施していますが、内容によっては、中学生や、大学・専門学生等にも授業を実施しています。また、学校の教員のみなさま向けや各種部会が開催する研修会、保護者の方への講演会も実施しています。

【どんな授業テーマが多いの?】

テーマ
(テキスト該当Lesson)
内容
ライフプランとお金
(Lesson10)
夢や目標とライフプラン、ライフイベントとお金、ライフプランシミュレーション等 30.1%
お金を稼ぐ(働く)
(Lesson4)
職業選択、正社員・契約社員・派遣社員等の雇用形態と生涯賃金比較等 18.0%
お金のトラブルに巻き込まれないために
(Lesson7)
クレジットカードとは、メリット・デメリット、リボルビング払い、多重債務、悪質商法等 11.7%
税金と社会保険
(Lesson8)
税金と可処分所得、税金の使い道、社会保険制度の概要等 11.7%
お金を使う
(Lesson3)
ニーズとウォンツ、意思決定等 8.6%
お金を借りる
(Lesson6)
ローン、契約、利息、リボルビング返済、返済方法等 7.0%
お金を貯める・増やす
(Lesson5)
利息、単利・複利、金融商品、リスクとリターン等 5.9%
万が一に備える
(Lesson9)
社会保険、民間保険等 4.3%
高校生活とパーソナルファイナンス
(Lesson1)
お金、パーソナルファイナンス等 2.3%
お金を知る
(Lesson2)
お金の役割、資金循環、為替等 0.4%

【依頼できるテーマは1つだけ?】

複数のテーマを1回の授業で行うケースが多いです。
昨年度最も依頼の多かったものは、「お金を稼ぐ(L4)・ライフプランとお金(L10)」ですが、他にも「お金を借りる(L6)・お金のトラブルに巻き込まれないために(L7)」「お金を使う(L3)・ライフプランとお金(L10)」など、進路状況や対象学年、実施時期によりさまざまな依頼に対応した授業を実施しております。

パーソナルファイナンス授業を実施した学校の先生・生徒の感想

先生の声

  • 「生徒の進路を考えるうえで非常に有意義な授業になりました。」(青森・県立普通高校)
  • 「お金のことはどこか話題にするのはタブーな感じがしていましたが、思い込みではなく正確な金額を知っておくことがとても大切だと思いました。(宮城・私立普通高校)
  • 「本校のレベルに応じた内容を考えてくださりありがとうございます。」(大阪・市立商業高校)
  • 「奨学金の利息計算など、実用的で大変良かったと思います。」(東京・都立普通高校)
  • 「分かりやすい内容で、生徒の興味を惹きつけていました。お金について知らない事が多かったと生徒も話していました。」(福岡・市立普通高校)
  • 「テキストは今後も使えるものですので、道徳などを通じてまた活用させていただけたらと思います。今回の授業スタイルはグループ学習が中心で、本校の方針と一致しており、生徒からも良かったとの声がたくさん聞こえてきました。」(大阪・私立中学校)

生徒の声

  • 「将来でのお金の付き合い方やライフプランについて考えさせられました。お金以外にもたくさんの大事なことも忘れてはならないと思いました。」(茨城・高校1年)
  • 「いつも親にお金をもらってもすぐに使ってしまっていたので、将来のことも考えて少しでも貯金できるようにしたいです。」(茨城・高校1年)
  • 「お金の大切さ、使い方を学ぶことができました。考えて行動しなければ自分が困るため、計画を立てて行動しようと思いました。((熊本・高校3年)
  • 「カードの種類や借金についてメリットとデメリットを両方知ったうえで、慎重に使わなければいけないことが分かりました。」(熊本・高校3年)
  • 「正社員、派遣社員、アルバイトの違いが分かりました。働き方を考え、目の前のことだけでなく将来像を描いて、学んだことを活かしていきたいと思いました。」(大阪・専門学校2年)
  • 「これからの就職活動で、給与だけでなく福利厚生や手当てなどの情報もしっかり見ようと思いました。」(大阪・専門学校2年)

過去の授業報告

過去の授業報告を閲覧いただけます。

ご利用について

授業実施エリア

授業実施地域は限定しておりません(場合によってはお受けできないこともあります)。

ご要望に応じた授業プラン

先生のご要望に応じて、学校ごとに授業プランを作成しています。

派遣費用は協会負担

派遣に係る費用(講師交通費等含む)は、日本FP協会が負担します。

対象は

主に高校生および教員のみなさまを対象としていますが、内容によっては、中学生、大学・専門学生等も対象としています。
また、高等学校各種部会が開催する研修会、保護者向け講演会も実施しています。

教材について

テキスト『10代から学ぶパーソナルファイナンス』を活用します。学校へは無償提供しています。

お申込み方法

「パーソナルファイナンス教育インストラクター派遣依頼書」をダウンロードし、必要事項をご記入のうえ、FAX、メールまたは郵便で日本FP協会 総合教育部 パーソナルファイナンス教育課(下記参照)
までお送りください(FAX:03-5403-9701 E-mail:pf-kyoiku@jafp.or.jp)

派遣申込書ダウンロード

派遣希望日の6週間前までにお申込みください。派遣日時はご相談させていただきます。

派遣依頼書の到着後、お申込み内容について電話またはメールでご担当者へ確認させていただきます(場合によっては、お受けできないこともありますので、あらかじめご了承ください)。

お申込から授業実施までの流れ

メールまたはFAXで申込み→授業内容の打合せ→授業計画案提出→授業実施

授業実施後は、ご担当の先生にアンケート調査を行っております。ご協力をお願いいたします。

「10代から学ぶパーソナルファイナンス」とは?

主に高校生向けのパーソナルファイナンス教育(金融経済教育)のテキストです。学校へは、無償で提供しています。

●お問い合わせ先

日本FP協会 総合教育部 パーソナルファイナンス教育課

03-5403-9779・9435
FAX:03-5403-9701

受付時間 9:00~17:30 (土日・祝日・年末年始を除く)

PDF形式のファイルをご覧いただくにはお使いのパソコンにAdobe® Reader®がインストールされている必要があります。ご確認のうえ、ダウンロードしてください。

上へ