パーソナルファイナンス
イベント&セミナーのご紹介(学生向け)

日本FP協会主催もしくは他団体との共催などでイベントやセミナーを開催しています。
今後の開催につきましては、日程が決まり次第掲載いたします。
以下は過去の実施報告です。

平成25年度 日本証券業協会との共催イベント
「パーソナルファイナンスセミナー」実施報告

平成26年2月12日(水)、都内にて、これから社会人になる大学生や大学院生等を対象に、日本証券業協会との共催イベント「パーソナルファイナンスセミナー」を開催しました。

日本証券業協会では、社会人入りを控えた学生に対するパーソナルファイナンス教育を充実し、金融リテラシーを有した社会人を養成することを目的にセミナーを開催しており、日本FP協会との共催は今回で三回目となります。

セミナーには、大学3・4年生を中心に約150名の学生が集まり、CFP®認定者の伊藤亮太氏をはじめとする講師によるマネーの基礎知識に関するトークショーや、テーマ別セミナーが行われました。学生たちは熱心に受講し、セミナー終了後には講師に質問をする学生もおり、学生たちの関心の高さがうかがえました。また、セミナー終了後の参加者交流会では、学生同士、親睦を深めました。
日本FP協会では、引き続き他団体との連携によるパーソナルファイナンス教育の普及にも取り組んでいく予定です。

セミナー 第一部・第二部

「パーソナルファイナンスの実践」セミナーの様子

【第一部】トークショー

「社会に出る前に知っておきたいマネーの基礎知識!」と題して、働き方による収入のちがい、ライフイベントに必要なお金、資産運用など、これから社会人になる学生にとって興味深いお話がトーク形式で展開されました。

「資産運用・投資の実践」セミナーの様子

【第二部】テーマ別セミナー

興味のあるテーマを自由に選択する形式で、「就活に役立つ金融・経済キーワード解説」、「パーソナルファイナンスの実践~ライフプランを立ててみよう!~」、「資産運用・投資の実践~401k、NISAに向けて」の3テーマのセミナーが行われました

参加者交流会

参加者交流会では、学生の皆さんが講師たちを囲んで質問したり、学生同士の会話も弾んでいました。

パーソナルファイナンスセミナー 動画

下記サイトで「パーソナルファイナンスセミナー」をオンデマンドで視聴できます。

平成24年度 日本証券業協会との共催イベント
「パーソナルファイナンスセミナー」実施報告

平成25年2月13日(水)、渋谷のJ‐POP CAFEにて、これから社会人になる大学生や大学院生を対象に、日本証券業協会との共催イベント「パーソナルファイナンスセミナー」を開催しました。

日本証券業協会では、社会人入りを控えた学生に対するパーソナルファイナンス教育を充実し、金融リテラシーを有した社会人を養成することを目的にセミナーを開催しており、日本FP協会との共催は昨年に続いて二回目となります。

イベントでは、講師をCFP®認定者の内山貴博氏が務め、司会の石井寛子さんと掛け合いながら、楽しく、テンポよく、社会人になってから役立つお金の知識をレクチャーしていただきました。

セミナー 第一部・第二部

司会の石井寛子さんと内山貴博氏(右)

【第一部】社会人に必要なお金の知識

働き方による収入の違いや退職金の話、ライフイベントに必要な資金など、これから社会人になる学生にとって興味深いお話がトーク形式で展開され、皆さん真剣に聞き入っていました。

【第二部】資産運用について

これからますます必要性の高まる資産運用について、投資の意義からしっかり解説していただきました。学生だけでなく司会の石井さんも、コツコツ始めてみたい!と決意を新たにされたようです。

質疑応答・交流会

質疑応答では多数の参加者から、退職金や年金のこと、投資のスタンスについてなど、積極的に挙手・質問がされました。交流会でも引き続き学生の皆さんが内山氏を囲んで会話が弾むなど、会場は熱気にあふれていました。

  • おしゃれな会場は満員。
  • 三択クイズ実施中!

参加者内訳

首都圏の大学生・大学院生 約80名

平成23年度 日本証券業協会との共催イベント
「パーソナルファイナンスセミナー」実施報告

平成24年2月15日(水)、六本木のワールドインベスターズ・トラベルカフェにて、大学生を対象とした日本証券業協会との共催イベント「パーソナルファイナンスセミナー」を開催しました。

日本証券業協会では、中立的な立場からの投資教育を中心とする金融教育の推進に取り組んでおり、金融教育普及のため、このたび初めて当協会と連携したイベントを実施しました。

イベントでは、講師を当協会金融経済教育事業担当役員の伊藤常務理事、コーディネーターをキャスターの石井寛子さんが務め、約50人の大学生に家計管理を含めライフプランニングの考え方を伝授しました。

同イベントは、インターネットTVによるライヴ放映やオンデマンド配信も行われました。さらに、イベントの模様を収録したDVDを制作し、当協会や他団体の金融経済教育小冊子等とセットにして主に若年層向けに活用される予定です。

「ライフステージに合わせたライフプランの立て方と社会人になってからの資産運用の重要性」

石井寛子さん(左)伊藤常務理事(右)

伊藤常務理事と石井寛子さんの二人によるトーク形式で説明されました。具体的な貯蓄の目標金額や貯蓄方法等の説明があり、みなさん熱心に聴いている様子でした。同じ収入の人でも計画を持って貯蓄する人、しない人で結果が大きく変わることを具体的に説明され、学生にとってはこれから直ぐに関係していくことですので、とても興味を持ったようです。
石井さんは学生の目線に立った質問を伊藤常務理事にされ、対話しながら学べるということで、より一層学生の関心につながりました。

学生の様子

質疑応答・交流会

交流会では、伊藤常務理事や関係者へ質問を投げかけており、メモを取りながら熱心に会話する参加者も多く見られ、ライフプランニングや投資への関心の高さがうかがえました。

参加者内訳

首都圏の大学生  約50名

上へ