データで見るFP資格

さまざまな分野で活躍するCFP®・AFP認定者

CFP®・AFP認定者が活躍するフィールドは幅広く、さまざまな分野で活躍しています。データからもCFP®・AFP認定者は企業内外を問わず、くらしや社会においても、ニーズの高い資格であることがわかります。

AFP・CFP®認定者分布データ

AFP・CFP®認定者は日本全国で活躍しています。全国8つのブロックごとに所属するAFP・CFP®認定者の人数は以下のとおりです。

※2016年7月現在

全国資格認定者数 175,160 人

AFP・CFP®認定者 業種別属性・年代別属性データ

金融機関に限らずさまざまな分野で、幅広い年代のAFP・CFP®認定者が活躍しています。

業種別属性

※2016年7月現在

年代別属性

※2016年7月現在

AFP・CFP®認定者 業種別属性・年代別属性データ

企業におけるFP資格のニーズは年々高まっています。
AFP・CFP®資格の取得を積極的に推進している企業が多数あります。

AFP・CFP®資格取得者数の推移(主な業種別)

※2016年7月現在

世界が認めるFPの頂点「CFP®資格を導入している国と地域」

CFP®資格は1992年、日本FP協会とCFPボード(米国)との業務提携に基づき、わが国へ導入された
プロフェッショナルFPの証です。
2004年にはCFP®資格の一層のクオリティー向上と普及を目的に国際CFP®組織FPSB
(Financial Planning Standards Board Ltd.)が設立され、2016年3月現在、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域のFPSBメンバー組織によってCFP®資格が導入されています。

2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査(株式会社ユーキャン調べ)

当協会の法人賛助会員で認定教育機関でもある株式会社ユーキャンが実施した「2017年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」において、「武器になる資格」として、「ファイナンシャルプランナー(FP)」が4年連続1位に選ばれました。

詳しくは以下の内容をご覧ください。

調査概要

20代~40代のビジネスパーソンに聞いた!2017年に「武器になる資格」とは?

調査対象

20代~40代のビジネスパーソン 996名(男性498名、女性498名)

調査期間

2016年11月4日~11月10日

調査方法

インターネット調査

調査地域

全国

ニュースリリース内容

予測不可能な2017年を生き抜くために武器なる資格
No.1「ファイナンシャルプランナー(FP)」

上へ