AFP登録審査試験のご案内

平成28年度『AFP登録審査試験』実施要項(AFP再認定試験)

1.試験概要

申込期間 平成28年5月16日(月)10時~平成29年2月20日(月)17時
試験期間 平成28年6月1日(水)~平成29年2月28日(火)
受験料 10,800円(税込)
試験方法 CBT試験※1
試験時間 90分
設問数 50問(四肢択一式)
合格ライン 60%以上の正答
受験回数 期間中3回まで可 (受験毎に受験料が発生します)
登録申請書発送日 合格日より1週間から10日程度
登録期限 合格日が属する月の翌月1日から6ヵ月以内
※1

CBT(Computer Based Testing)とは試験に関係するすべてのプロセスをコンピュータ化するサービスのことです。受験者はコンピュータに表示された試験問題に、マウスやキーボードを使って解答します。

2.AFP登録審査試験(AFP再認定試験)とは

AFP登録審査試験(AFP再認定試験)とは、CFP®認定者、またはAFP認定者としての資格を喪失された方、また、所定の登録期限内に登録申請を行わなかった方がAFP認定者として会員登録するための方法の1つです。日本FP協会が独自に行う審査で、FP技能検定やFP技能士に関連するものではありません。
本試験は、プロメトリック(株)に委託して実施するコンピュータ試験(CBT試験)です。あらかじめプロメトリック社のサイトから受験予約し、全国の主要都市で希望する日時に受験が可能です。ただし、試験会場により開催日程・予約状況が異なります。詳細につきましては、プロメトリック(株)の試験会場検索・予約状況確認をご覧ください。

3.本試験の受験対象となる方

日本FP協会のCFP®認定者、またはAFP認定者としての資格を喪失した方
a 過去、CFP®認定者またはAFP認定者であり、退会された方※1
b CFP®認定者またはAFP認定者から一般会員へ移行した方※2
  1. ※1

    会費未納により退会となったことがある場合や、継続教育テスト料等の未納がある場合は、本試験に合格されても、会員登録を承れないことがあります。

詳細は会員フリーコール(0120-874-417)にお問い合わせください。

※2

一般会員移行後2年以内であれば「継続教育単位の取得」によってAFP再認定を受ける方法を選択することも可能です。

「継続教育の単位取得」による再認定方法

AFP資格認定会員として所定の登録期限内に登録申請を行わなかった方
a 1級または2級FP技能検定試験(特例講習含む)合格、および「AFP認定研修」を修了している方で登録期限を経過した方。
※金融財政事情研究会での技能検定試験合格者については合格証書の写しを提出していただきます。
b 過去のAFP審査試験合格後、登録期限を経過した方
c AFP認定研修税理士課程修了者で、登録期限を経過した方
ご注意ください

本試験の受験対象者であっても、以下の場合、受験申請において事前に受験資格等の確認が必要な場合があります。

  • 日本FP協会のCFP®認定者、またはAFP認定者として登録歴がない方
  • 退会者で会員登録時と名前が変わった方
  • 平成28年5月1日以降に退会もしくは一般会員に移行した方
  • その他、上記に該当しないが受験申請時に「入力又は登録の情報に誤りがあります。」と記載された画面が表示された方

上記に該当する方は、申請前に下記フリーコールにお問い合わせください。
確認には時間を要する場合があります。受験希望の方は早めのお問い合わせ、受験申請をお願いいたします。

●お問い合わせ先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

4.試験問題

出題数は全50問、出題形式はマルチプルチョイス方式(四肢択一式)です。
電卓を必要とする複雑な計算問題はありません。「2級FP技能検定」と同等レベルの試験です。

過去に出題された問題をサンプルとして掲載しています。
平成27年度の合格率は83.1%でした。

過去のAFP登録審査試験の問題(12問)サンプル

5.試験結果とAFP認定

設問50問に対し、60%以上の正答をもって合格とします。
試験終了後、試験会場で『AFP登録審査試験結果レポート』をお渡しします。

合格された方には、後日AFP登録書類を発送いたします。
AFP登録申請は、WEBまたは書面で行うことができます。

登録申請書の発送日は合格日より1週間から10日後程度の予定です。
登録をお急ぎの場合は、合格後、下記会員フリーコールへご連絡ください。

登録期限は、合格日が属する月の翌月1日から6ヵ月以内です。
登録申請書または再認定申請書に登録期限を記載していますのでご確認ください。

AFP認定完了後、ライセンスカードをお送りいたします。

認定までのスケジュール

<登録スケジュール>

登録申請方法や協会承認日(受付日)により認定月(入会月)が異なります。

■オンライン入会の場合

協会承認日(※1) 各月1日~月末
認定月(入会月) 翌月
(※1)

協会承認日は、原則として、登録申請日の翌日より3営業日以内となります。
ただし、申請内容等に不備があった場合は、表の限りではありません。

【例1】
協会承認日が8月3日の場合  →  9月認定 (9月入会)

【例2】
協会承認日が8月18日の場合  →  9月認定 (9月入会)

■登録申請書類の郵送の場合

協会受付期間(必着)(※2) 各月1~15日 各月16日~月末
認定月(入会月) 翌月 翌々月
(※2)

期間最終日が協会定休日の場合は、前営業日になります。
また、申請内容等に不備があった場合も表の限りではありません。

【例1】
協会受付日が8月3日の場合  →  9月認定 (9月入会)

【例2】
協会受付日が8月18日の場合  →  10月認定 (10月入会)

6.注意事項

  • お申込は、必ずこの実施要項を熟読し、同意したうえでお申込ください。
  • 受験資格に該当されない方が仮に当試験を受験し合格基準を満たした場合でも、AFP資格の認定を受けることはできませんのでご注意願います。
  • 本試験に合格された一般会員の方が、AFPに再度認定されるまでの期間に退会された場合は、本試験の結果が無効となりますので、あらかじめご了承願います。
  • 不合格の場合は、申込み期間内であれば再受験ができますが、不合格となった試験を含めて最大3回までとなります(受験毎に受験料が発生します)。この規定に違反して受験したことが判明した場合、合格しても資格が取り消されます。
  • 不正な手段により試験を受験し、または受験しようとした者に対しては、試験の停止または合格の取り消しを行うことがあります。併せて、不正な手段により試験を受験した場合、受験料の返還はいたしません。
  • 試験問題、解答についての照会には一切応じられません。
  • AFP認定者へ再認定される方法は、この「AFP登録審査試験」以外にもございます。ご自身の状況等を勘案し、再認定方法をご選択ください。

7.申込方法

プロメトリック(株)ホームページから申込いただけます。受験料は、プロメトリック(株)にお支払いただきます。お支払方法は受験申込の際にご確認ください。
全国の主要都市で受験が可能です。ただし、試験会場により実施日程が異なります。

試験申込の注意点と受験日当日の留意事項

AFP登録審査試験 受験申込み(プロメトリック社サイトへ移動します)

8.よくあるお問い合わせ

本試験に関するよくあるお問い合わせをまとめました。Q&A集をご覧ください。

AFP登録審査試験 <Q&A集>

●お問い合わせ先

0120-874-417
(会員フリーコール)
【受付時間】9:00~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)
上へ