資格更新手続きを行わなかった場合について

書類未着・更新要件の不備や長期のご病気等の事態を考慮し、継続教育期間の終了日(更新期限)の2カ月後までは「不備解消期間」として手続を行うことができます。

この期間までに資格更新手続きが完了しなかった場合には、AFP資格は失効し「一般会員」への移行措置が行われることとなりますのでご注意ください。

一般会員への移行とは

一般会員とは「FPの有資格者以外で、協会の趣旨に賛同し、会費をお支払いいただくことによって会員となる方」です。
AFP認定者から一般会員へ移行となる場合には、次の取り扱いとなりますのでご注意ください。

  • AFP資格は失効し、AFPマークなどを名刺等に表記することはできません。
  • CFP®資格審査試験の課目合格履歴はすべて失効します。
  • 当協会会員としての年会費は通常通りお支払いいただきます。
  • 会報『FPジャーナル』は継続してお送りします。

ただし、一般会員へ移行後であっても、AFP再認定の要件を満たし、所定の期限までに所定の手続きを行うことで、AFP資格の再認定を受けられます。詳細は「AFP再認定ルールのご案内」をご参照ください。

なお、AFP資格の再認定を受けた場合でも、失効したCFP®資格審査試験の合格は復活しません。よって過去に合格したことがあっても、再受験が必要となります。

上へ