CFP®資格認定における実務経験

CFP®資格認定を受けるには実務経験の申請が必要です。
実務経験申請書は、原則としてエントリー研修修了時にお渡ししています。

ご注意ください

申請をいただいてからの審査となるため、承認の可否に関する事前のお問い合わせにつきましては
回答いたしかねます。ご了承ください。

原則として証明書類は不要ですが、内容を証明する書類の提出をお願いする場合があります。

実務経験申請書に記載された内容はCFP®認定者登録においてのみ使用し、第三者に提供することは
いたしません。

CFP®資格認定における実務経験とは

試験全6課目合格日前10年~後5年の間※に「通算で3年間」の実務経験を有していることが要件となります。実務経験は、「FPの6ステップ」のうちいずれかの経験をしていることが条件となります。

※ただし、CFP®登録期限が経過し、CFP®認定の申請を行うためにCFP®エントリー研修を再受講した場合においては、試験全6課目合格日前10年~申請を行う日までの間

FPの6ステップについては、以下のページをご覧ください。

4つのEと6ステップ

実務経験として申請できるものは次の2つを満たすことを要件とします。
(業種・職種・雇用形態等によって狭義に定義するものではありません。)

1.「FP学習ガイド」に規定する項目の経験であること

「FP学習ガイド」については、以下のページをご覧ください。

FP学習ガイド

2.「顧客」がいること

※「顧客」とは「サービスが提供される者」であって、そのサービスの対価が有料であるか否かは問いません。
 (ボランティアでも可)
※自身が直接顧客と接する「フロント業務」だけでなく、「バックオフィス業務」等も含みます。
※「年数」とはその経験を「継続的」に行っていた時期を指しますが、その間の経験回数(相談回数等)自体は
 考慮しません。

該当する実務経験の例については、以下のページをご覧ください。

CFP®資格認定における実務経験具体例

※掲載している例はあくまで一例であり、上記の要件を基準として総合的に審査します。

実務経験が足りないときは?

上記の実務経験が不足している場合や、該当する実務がまったくない場合でも、以下の要項を「みなし実務経験」として申請することができます。

実務経験にみなされるその他の経験(みなし実務経験) 経験年数
①協会が実施するレジデンシーコースの受講・修了 研修1時間につき1カ月 ※1
②協会が実施するプロフェッシナルFP研修の受講・修了
③認定教育機関が実施する「みなし実務研修」の受講・修了
④ファイナンシャル・プランニング分野に係る大学・大学院
 での継続的な教育活動 ※2
教育活動に従事していたもの
⑤CFP®認定基準規程第3条二に定める大学院の修了 在籍期間(上限2年)

※1平成25年3月31日以前に実施された研修は2時間につき1ヵ月
※2大学・大学院での研究者(教授)等

レジデンシーコースとは

ロールプレイングやグループディスカッションを通してFPの相談業務を体系的に学習する3日間の実務研修です。

プロフェッショナルFP研修とは

実務実践型の研修プログラムで、FPのビジネスに直結した「ビジネステーマ別研修」と個別のスキル・テーマを扱う「スキル別」研修で構成されています。

※「スキル別研修」はみなし実務経験の対象外です。

みなし実務研修とは

日本FP協会の認定教育機関が主催する継続教育研修で、ロールプレイング等の模擬実務を中心としたプログラムです。

レジデンシーコース、プロフェッショナルFP研修、みなし実務研修の開催情報や申込方法などはMyページをご覧ください。

Myページ

CFP®認定基準規則第3条二に定める大学院

CFP®認定教育プログラムを実施している大学院については以下のページをご覧ください。

CFP®認定教育プログラムを実施する大学院一覧

上へ