試験当日

試験当日

試験当日の持ち物について

※ 筆記用具・計算機は、会場での貸し出しは一切いたしません。お忘れのないようご注意ください。

試験時間について

集合時間について

試験開始前に試験についての注意事項説明があります。受検する試験の試験開始時刻20分前までに必ずご着席ください。

遅刻について

遅刻者の入室は、試験開始後30分までは認められますが、試験終了時間の延長はありません。

  • ※遅刻となる判断基準の場所は教室となります。
  • ※交通機関の遅延が生じた場合は、「遅延証明」を取得のうえ、可能な手段で試験会場にお越しください。
    ただし、交通機関の遅延等が生じた場合、各試験会場において、試験開始時刻の繰り下げ等の対応をとることがあります。その際は、日本FP協会ホームページにてお知らせいたします。

途中退出について

途中退室は、試験開始の1時間後から試験終了の10分前までの時間は認められます。

試験時間中のトイレについて

原則禁止します。ただし、やむを得ない場合には手を挙げて試験監督者の指示に従ってください。

マスクの着用

試験時間中、必要な方にはマスクの着用を認めます。なお、本人確認のために、試験監督者が指示した場合は、一時的にマスクを外していただきます。

迷惑行為等

試験時間中、物音や振動を発生させたり、声を出す等、他の受検者の受検を妨害する行為を行った場合は退出していただきます。また、くしゃみ・咳等故意に行った行為でなくとも、それが他の受検者の迷惑になると試験監督者が認めた場合には、席を移動していただくことがあります。

試験時間中、机上に置くもの(置けるもの)

机上に置けるものは、受検票、本人確認書類、筆記用具、計算機のみとなります。飲み物・ペンケースなどは不可。携帯電話・スマートフォンなどの通信機能を有する機器を試験中に使用、または机上に置くことは禁止しています。これらの機器は、使用目的にかかわらず不正行為の対象となりますので、事前に電源を切ってカバンへおしまいください(マナーモードも不可)。

受検上の注意

  • 1.

    車での来場はご遠慮ください。違法駐車された場合、受検をお断りする場合があります。

  • 2.

    指定された試験会場以外での受検はできません。

  • 3.

    試験会場では、試験監督者および係員の指示に従ってください。

  • 4.

    不正行為があった場合は、試験の停止、採点の除外、または合格の取消し、以後の受検をお断りすることがあります。

  • 5.

    退室は試験監督者の指示に従ってください。

  • 6.

    解答用紙を試験会場から持ち出した場合は、無効となり採点されません。

  • 7.

    冷暖房や室温変化等に対応できる服装でお越しください。

  • 8.

    試験終了後、問題用紙はお持ち帰りください。

  • 9.

    教室内には時計が設置されていません。各自腕時計を持参してください。

※腕時計の使用については次の注意事項をお守りください。

  • 時計機能だけのもの、音を発しないもの(アラーム機能等がついていないもの)に限定します。
  • 携帯電話・スマートフォンなどを時計として使用することはできません。
上へ