「くらしとお金のFP相談室」相談員のご紹介(大阪)

五十音順

伊藤 英伸

いとう ひでのぶ

CFP®認定者

会社員として製造業、IT業、不動産業、建設業の人事総務、購買、営業、事業企画、安全衛生の各部門を経験した後、CFP®(ファイナンシャル・プランナー)としてまた社会保険労務士として独立開業し相談業務に携わっています。
人生お金が全てではありませんし、お金さえあれば幸せになれるわけでもありません。どんな人生をすごそうとするのか、夢も人それぞれです。けれども就職、結婚、子育て、持ち家、趣味、老後など、いずれにしてもお金と上手に付き合わなければ夢をかなえることはできないでしょう。
私自身も一人の生活者としてこれまで様々な人生の岐路で悩み失敗もしてきましたが、くらしとお金について気軽に相談できる存在があれば、全く違う人生を歩んでいたかも知れません。この無料体験相談は50分と短い時間ですが、私自身の知識、経験をもとに皆様の疑問や悩み、不安を少しでも解消し、夢をかなえるお手伝いができればと思っています。どうぞ気軽にご相談ください。

上野山 典広

うえのやま のりひろ

CFP®認定者

金融機関を経て住宅会社へ。住宅ローンや資金計画の業務に携わっておりました。住宅会社では販売することが最大の目的でしたので、「希望額の住宅ローンを借り入れできるか」という事しか念頭にありませんでした。その中、「ライフプランに基づいたファイナンシャル・プランニング」の大切さを知り、CFP®(ファイナンシャル・プランナー)の資格を取得。将来を見据えた住まいづくりのアドバイスができるようにと独立を決意しました。
自身も2児の父、マイホームも購入し生命保険や損害保険を見直した経験と幅広い知識から、個々の皆様に合ったより良い解決策を見つけられようお手伝いをさせて頂きます。
「くらしとお金のFP相談室」は50分という限られた時間ですが、私たちCFP®が直接お話を伺います。住宅ローンや教育費用、老後資金といった将来設計のお悩みを是非お聞かせ下さい。皆様の疑問や不安が少しでも解消できれば嬉しく思います。

河野 元貴

こうの もとき

CFP®認定者

皆様は、最近、お金をじっくりと見つめ続けた事はございますか。毎日私達は、お金にふれているにもかかわらず、案外、お金を見つめ続ける事が無いと思います。「くらしとお金のFP相談室」で、お金と向き合ってみてはいかがでしょうか。
私は、関西のホームセンターへ就職、税理士事務所へ転職後、現在独立して税理士業とFP業を営み、主に中小法人及び個人事業者様の黒字化を、経営者様とともに日々取り組んでいます。
私がFPを知るきっかけは、税理士事務所へ転職の際、筆記採用試験で、FPの資格試験の過去問が出題された事です。CFP®(ファイナンシャル・プランナー)資格を知ったおかげで、税金・家計・老後資金・保険等お金は、様々な時期にあらゆる角度から、かかわってくると知る事ができました。
CFP®はお客様にアドバイスする範囲が多岐にわたります。お客様の不安を解消するために、一つでも多くの判断材料を提供させていただきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

高橋 龍三

たかはし りゅうぞう

CFP®認定者

国税局に定年まで勤務したのち税理士として独立。現在は、CFP®(ファイナンシャル・プランナー)、行政書士、税理士として幅広い相談に応じています。学生時代に3年にわたる闘病生活を経験。そのほか人並みに多くの困難を経験してきました。モットーは「学は光」。窮地に追い込まれたときは、謙虚に学ぶことで足元を固めてきました。50歳を過ぎてからも各種資格試験に挑戦。この経験が、40代、50代の方の起業相談に役立っています。
「悩み」を先取りして先手を打つ、これが人生勝利の秘訣。人生、山あり、谷あり。いつ何が起こるか分からない。大切なことは、先手を打つこと。死を目前にして「相続の相談」をするよりも「生前整理の相談」。「生前整理の相談」よりも、早目に 「ライフプランの相談」。ここにCFP®の本領発揮の場があります。
「備えあれば憂いなし」「先手必勝」何はともあれ、早目にご相談下さい。きっとお役に立ちます。

田中 修平

たなか しゅうへい

CFP®認定者

私は皆様が様々な場面で悩まれたときに、そばで寄り添っていられる存在がCFP®(ファイナンシャル・プランナー)であるという想いを持って日々の仕事に取り組んでおります。恥ずかしながら私自身以前はFPという言葉を聞いたこともなく、お金は人生の分岐点やその時々で負担としてかかってくるもの、そのときわからなければ親しい人に教えてもらえば良いだろうくらいで考えており、夢の実現のために計画的にお金とうまく付き合うといった考えは全く持っていませんでした。
しかし、いざお金の問題を目の前にしたときには、誰に、何から聞いてよいか、そもそも身近な人に聞くべきかさえわかりませんでした。そういったお金に関する不安を気軽に相談、サポートするのがまさにFPです。FPは決して特別な存在ではないです。私自身も3人の子を持つ皆様と同じ生活者です。できる限り身近な存在として、寄り添ったアドバイスができればと思っておりますので、どうぞお気軽にお越しください。

辻本 由香

つじもと ゆか

CFP®認定者

初めてCFP®(ファイナンシャル・プランナー)資格を知った時、すでに30歳を超えていたのにもかかわらず、世の中のことを全く知らないことに愕然とし、自分の将来のためにFPの勉強を始めました。その後金融機関や会計事務所に勤務し、資格を活かしながら仕事をしていましたが、思いもかけず「がん」を発症。私だけでなく、同時期に入院した患者さんも仕事や治療費などお金のことで悩んでいると知り、「備える」ことの大切さを伝えていこうと決め、独立系のCFP®として個人事務所を立ち上げました。
現在は自分の未来を自分で守る時代。 知ることが自分や家族を守ることに繋がります。「くらしとお金のFP相談室」は50分という限られた時間ではありますが、皆様の悩みや不安をお聞きし、知りたいにお答えしています。どうぞお気軽にご利用ください。

杼木 美絵

とちぎ みえ

CFP®認定者

短大卒業後、一般企業で貿易業務に従事し、結婚・出産を経て、現在はCFP®(ファイナンシャル・プランナー)と行政書士として活動しております。私がCFP®資格に興味を持ったのは、家族の相続に直面したことがきっかけでした。相続の手続きをすすめていくうちに分からないことが山のようにでてくるのですが、一体誰に聞けばいいのかも分からない。これは自分で勉強しなければダメだと一念発起し、勉強をはじめました。CFP®資格取得には保険や年金、不動産、税金、相続といったお金に関するすべての分野の知識が必要となります。また、これらの知識は生活に直結しているので勉強を進めることでどんどん「社会のしくみ」がわかっていきました。この「くらしとお金のFP相談室」では、お客様の様々なお金の悩みをお聞きしています。解決法だけでなく、その悩みを取り巻く「社会のしくみ」についても丁寧にお伝えしていきたいと思っております。

「FP技能士」は「ファイナンシャル・プランニング技能士」、「FP技能検定」は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」のことをいいます。

上へ