CFP®認定教育プログラムの実施を希望する
大学院ご担当者へ

1.CFP®認定教育プログラムにおける大学院教育について

日本FP協会では、「CFP®認定教育プログラム」における大学院教育制度を採用しています。
CFP®資格審査試験は、日本FP協会が認定する「AFP認定者」が受験できることとなっていますが、当協会が指定する大学院で開講される「所定の課程」を修了することにより、AFP認定者でなくてもCFP®資格審査試験の受験資格を得ることができます。
また、「所定の課程」及び「提案書課題の作成」講座の両方を修了することにより、AFP認定を受ける権利を得ることができます。

※「所定の課程」とは協会が事前審査のうえ、CFP®認定教育プログラムの内容に合致していると予め承認した科目群をいいます。

協会が指定する大学院については、以下のページをご覧ください。

CFP®認定教育プログラムを実施する大学院

2.CFP®認定教育プログラムにおける大学院教育を実施するには

常務理事会の「承認」により指定を行いますが、実施を希望する時期の概ね6ヵ月前までに協会に対する下記の書類の提出及び申請を行うことが必要となります。所定の課程については事前の審査が必要となりますので、実施をご検討の際にはお早めにご連絡ください。

  • 当該大学院等の概要を記載した書類等
  • 所定の課程とする科目案並びに当該科目の概要等を記載した書類等
  • 講師等の現職若しくは略歴等を記載した書類等
  • その他参考となる事項を記載した書類

3.入会金・年会費等

本プログラムの実施に際し、大学院から当協会に対してご負担いただく諸費用はありません。また当協会から各大学院並びに担当教授・講師等に対する費用支払いも一切発生しません。

●お問い合わせ先

日本FP協会 総合教育部 「大学院課程」

03-5403-9856

受付時間 9:30~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

上へ