大学院で所定の課程を修了した方の
AFP認定について

CFP®認定教育プログラムに対応する課程を実施する大学院で、日本FP協会が定める「所定の課程」を修了した方または、修了見込の方については、日本FP協会が認める「提案書課題の作成」講座を修了することにより、AFP資格の登録権利が付与されます。(AFP認定基準規程第6条)

CFP®認定教育プログラムを実施する大学院一覧については、以下をご覧ください。

CFP®認定教育プログラムを実施する大学院一覧

「提案書課題の作成」講座の受講からAFP認定まで

  • 1.受講を希望される方は、受講対象者であることを確認のうえ、日本FP協会へ電話かメールにてご連絡ください。
    ※メールの場合は、大学院名、日中連絡可能な電話番号を必ず記載してください。
  • 2.協会から開講先(認定教育機関)のご案内をいたします。
    ※受講料や受講条件については開講先にお問い合わせください。
  • 3.開講先に対して、受講の申込みをしてください。
  • 4.所定の期日までに、講座を修了してください
  • 5.講座の修了が確認でき次第、協会からAFP登録申請書を送付いたします。
  • 6.所定の期日までに、必要書類とともにAFP登録申請書を提出してください。
    ※資格認定会員の会費は、入会金10,000円、年会費12,000円(ともに課税対象外)となります。
  • ・「提案書課題の作成」講座の受講は、大学院における「所定の課程」を受講中でも可能ですが、AFP登録申請の際には、成績証明書や履修証明書など大学院への入学及び単位取得を証明する書類が必要となります。
  • ・2級FP技能士を希望する場合には、2級FP技能検定の合格が必要となります。
  • ・大学院の「所定の課程」において「提案書課題の作成」を含む科目を履修した方(又は履修見込の方)は、上記手続きと異なります。日本FP協会(総合教育部「大学院課程」係)へお問い合わせください。

●お問い合わせ先

日本FP協会 総合教育部 「大学院課程」係

03-5403-9856

受付時間 9:30~17:30(土日・祝日・年末年始を除く)

※「FP技能士」は「ファイナンシャル・プランニング技能士」、「FP技能検定」は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」のことをいいます。

上へ