3級FP技能検定・2級FP技能検定 試験要綱

[重要]2020年5月実施予定のファイナンシャル・プランニング技能検定中止について
2020年5月24日(日)に実施を予定しておりました2級及び3級ファイナンシャル・プランニング技能検定(資産設計提案業務)は、実施に向けて準備を進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、中止することを決定いたしました。
詳細はこちらをご確認ください。

1級はこちら

受検申請から結果発表までの流れ

2020年5月技能検定

※各STEPの注意事項を上記アイコンをクリックしてご確認ください。

※試験スケジュールはこちらからご確認ください。

試験の概要

3級・2級および1級ファイナンシャル・プランニング技能検定は、厚生労働大臣より職業能力開発促進法 第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受けて、日本FP協会が実施する国家検定です。

3級
2級

受検申請方法

受検申請方法は、インターネット申請と受検申請書(書面)の2種類があります。
受検申請方法を詳しく知りたい方は「受検申請方法」をご確認ください。

(団体で受検申請される方は、受検申請方法をとりまとめ担当者へご確認ください)

試験日程

※試験日程をご確認ください。

試験日程

試験科目及びその範囲

3級FP技能検定・2級FP技能検定の試験科目及びその範囲をご確認ください。

3級
2級

出題形式・合格基準

3級FP技能検定・2級FP技能検定の出題形式・合格基準は下記のとおりです。

等級 試験種類 出題形式 問題数 制限時間 合格基準
3級 学科 筆記(マーク
シート形式)
60問 120分 36点以上
(60点満点)
実技 筆記(マーク
シート形式)
20問 60分 60点以上
(100点満点)
2級 学科 筆記(マーク
シート形式)
60問 120分 36点以上
(60点満点)
実技 筆記(記述式) 40問 90分 60点以上
(100点満点)

法令基準日

(3級FP技能検定・2級FP技能検定共通)

法令に基づく試験問題の法令適用は、以下の時点で既に施行(法令の効力発効)されているものを基準とします。

ただし、試験範囲に付随する時事的問題など、当然にFP業務に関連するものとして知っておくべき知識・情報については、出題の可能性がありますのでご留意ください。

試験実施月 2020年
5月
2020年
9月
2021年
1月
法令基準日 2019年
10月1日
2020年
4月1日
2020年
10月1日

受検資格

3級FP技能検定・2級FP技能検定の受検資格をご確認ください。

3級・2級の受検資格

受検手数料

3級FP技能検定・2級FP技能検定の受検手数料は下記のとおりです。

等級 試験種類 受検手数料
(非課税)
3級 学科と実技 6,000円
学科 3,000円
実技 3,000円
等級 試験種類 受検手数料
(非課税)
2級 学科と実技 8,700円
学科 4,200円
実技 4,500円

※3級FP技能検定・2級FP技能検定は、学科または実技のみの受検が可能です。

※支払手数料は、別途ご負担ください。

領収証の発行について

受検手数料を個人でお支払いされた方には、試験前にお送りする受検票が領収証(宛名は受検申請者名)として使用できます。
法人名等での領収証の発行が必要な場合、領収証(受検票)を紛失された場合などは「領収証 発行申請書」を提出することで、領収証を発行することができます。

領収証 発行申請

受検地区・試験会場

【重要】2020年度FP技能検定の試験会場について


受検地区

全国47都道府県で試験を実施します。受検申請時に、希望の受検地を選択してください。居住地に関係なく、お選びいただけます。

受検地区一覧

試験会場

  • 1.

    各受検地区の試験会場は、日本FP協会ホームページにおいて公表します。

    <ご参考>2020年1月 3級・2級試験会場一覧

    5月試験の会場は4月24日(金)に公表予定です。

  • 2.

    各受検者の試験会場は受検票にてお知らせします。

  • 3.

    試験会場は、選択した受検地区内で自動的に振り分けられます。個別に試験会場を選択することはできません。

  • 4.

    受検申請者数によっては、同一都道府県内で受検地となる都市が変更になる場合があります。その場合でも受検票以外での通知は行いません。

※ 天災その他の事由により、やむを得ず試験の実施を中止する場合があります。

受検地の変更

受検地の変更には、「受検地の変更を希望される方へ」をお読みいただき、下記日程までに申請が必要になります。

2020年5月14日(木) 17:00必着

受検地の変更を希望される方へ

ご注意ください

転勤・転居などやむを得ない事情以外は、受検地の変更はできません。

同一地区内で複数の試験会場がある場合、同一地区内での別会場への変更はできません。

会場の状況によりお断りさせていただく場合があります。

試験当日に特別な配慮(バリアフリー対応)が必要な場合

受検に際し、特別な配慮(バリアフリー対応)を希望される方は、受検申請時に日本FP協会試験事務課まで必ずご連絡ください。詳細は、「試験当日に特別な配慮が必要な方へ」をご確認ください。

2020年4月2日(木) 17:00必着

試験当日に特別な配慮が必要な方へ

ご注意ください

特別な配慮が必要な場合は、受検申請毎にご連絡をお願いいたします。
試験日直前のお申出や、事前にご連絡がなく試験当日に来場された場合は、
ご要望にお応えできないことがありますので、必ず受検申請時にご連絡をお願いいたします。

試験免除について

3級ファイナンシャル・プランニング技能士及び2級ファイナンシャル・プランニング技能士(以下、3級FP技能士・2級FP技能士)を取得するためには、学科試験と実技試験両方の合格が必要であり、3級・2級FP技能検定合格証書の発行をもって、3級・2級FP技能士と認定されます。

一部合格(学科または実技試験の一方のみの合格)の有効期限内に、合格した科目の免除申請を行い、不合格となった科目のみ受検し合格した場合、学科・実技両方の試験の合格者と認定されます。

一部合格(学科試験または実技試験)し、次回以降にその免除申請をする場合

学科試験(または実技試験)の一部合格者が実技試験(または学科試験)を受検する際、試験の免除申請をしなかった場合、実技試験(または学科試験)に合格しても合格証書は発行されません。この様な場合、有効期限内に学科試験と実技試験の一部合格証のコピーを指定試験機関に申請(合格証書発行の申請)をすることで、合格証書を取得できます。

免除申請(学科試験または実技試験)をせずに、学科・実技両方の試験をそれぞれ合格した場合

試験問題・模範解答

過去のファイナンシャル・プランニング技能検定の試験問題・模範解答(PDF形式)をダウンロードできます。なお、各科目の配点は、特に記載のない限り、公表しておりません。また配点に関するお問い合わせには、お答えできません。試験問題は、試験実施時のものであり、その後の法改正等に対応した改訂は行っていません。

3級
2級

試験結果データ

過去に日本FP協会が実施したFP技能検定の技能士の取得者数と、受検申請者数、合格率等を公表しています。

FP技能士の取得者数 及び 試験結果データ

技能士の表記について(名刺等への表示について)

技能士の表記については、「技能士の表記について」をご確認ください。

技能士の表記について

技能士カード

ファイナンシャル・プランニング技能士カードの交付手続きは、以下のリンクよりご確認ください。

FP技能士カードの交付について

上へ