ファイナンシャル・プランナーに相談してみました!

ファイナンシャル・プランナーへの相談を無料で体験できる「くらしとお金のFP相談室」で相談した方にFP相談に対する感想等を聞きました。

お金に関する勉強をしていますが・・・自分だけではわからなかった保険や住宅ローンの返済方法について聞くことができました!

(30歳代後半会社員 夫婦子ども1人)

相談するFPを探す
CFP®認定者検索システム

Q1
FPに相談しようと思ったきっかけは?

老後資金の準備のためにiDeCo(個人型確定拠出年金)を始めたことをきっかけに、資産運用に興味を持ち、将来は株主優待で暮らすことを夢見ています。今回相談しようと思ったのは、もし2人目の子どもが生まれて妻が仕事を辞めることになった場合でも、このままの投資スタイルを続けられるか不安になったためです。そのほかにも、自分だけではわからなかった保険や住宅ローンについても相談しました。

Q2
FPに相談して良かったことは?

今は共働きのため、投資信託や個別株式を購入するなど、生活に支障なく積極的に運用できます。でも、妻が仕事を辞めることになった場合には、どうしたらいいか不安でした。しかしFPから妻が働けない期間は、個別株式への投資など積極的な運用は控え、iDeCoなどで投資信託の積立てを中心に保守的な運用していけばいいと提案され、納得できました。
また、老後資金の準備と万一の保障として、掛捨てではなく、運用実績に基づいて保険金や年金額等が変動していくタイプの保険に契約しています。商品自体は気に入っているのですが、保険料払済みが65歳のため、定年後の60歳以降の支払いが心配でした。でも、支払いが困難になった時には、払い済みの制度を利用すればいいというアドバイスをもらい、気持ちがすっきりしました。
自分でも勧められるままに契約した生命保険を見直したり、住宅ローンを借換えたりしました。しかし、定年後の保険料の支払いが家計を圧迫しないかや、住宅ローンの返済と運用のどちらを優先したらいいかなど、自分ではわからなかったことについても、アドバイスをもらえたので良かったです。

Q3
FPに相談した感想は?

投資の書籍やマネー誌を読んだり、投資の勉強会に参加するなど、お金について勉強するのは楽しいし好きです。FPに相談してみて、自分が知らなかった新しい知識を吸収できて勉強になりましたし、自分がやってきていることについて、別の目で見てもらえたことで再確認できて良かったです。
また、わからないことが出てきたときにはFPに相談したいと思います。気軽に聞ける「かかりつけ医」のようなFPの方がいるといいと思いました。

FPのコメント

資産運用などのお金に関して、とても勉強されている方でした。自分で勉強しながら資産運用したり、生命保険や住宅ローンを見直されたりしていました。今回、現状の収支の確認と、保険については、払込みが困難になったときには払済みを検討してみることや、住宅ローンについては、このまま返済し完済後に貯蓄をしていくことなどを提案しました。

ご自身で将来のライフプランの資金計画の見通しを立てるのが難しかった場合には、ファイナンシャル・プランナーに相談し、キャッシュフロー表を作成してもらうこともできます。

FP相談を体験してみる

ファイナンシャル・プランナーへの相談を無料で体験できます。札幌・仙台・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・福岡の8カ所で開催しています。事前予約制ですので、詳細は以下よりご確認ください。

くらしとお金のFP相談室
FPを探してみる

あなたの状況にあわせたより詳しい相談は、ファイナンシャル・プランナーに直接ご相談ください。FPをお探しの場合には、FP資格の上級資格であるCFP®資格を持ったFPを以下より探すことができますので、ご活用ください。

CFP®認定者検索システム
上へ