必要な「知識・スキル・行動方針」

倫理・責任感 × 若手社会人・ファミリー世代
  • 適用を受ける法令や規則を順守するだけでなく、幅広い倫理観を持って行動することができる。
  • 環境問題の重要性を理解し、日常生活において資源の有効活用や環境保護に努めることができる。
  • 日常生活において、責任をもって適切な消費行動をとることができる。
  • 可能な範囲で寄付やSRI( 社会的責任投資)を行うことができる。
  • 自らの判断でボランティア活動への参加を計画し、実行することができる。
  • 先人たちの築いた金融経済に対する考え方や金銭観を理解することで、自分の価値観を見直すことができる。
  • 企業の社会貢献やCSR(社会的責任)活動を理解し、評価することができる。
  • 取引を行うにあたり、必要に応じ外部の適切な情報入手先や相談先にアドバイスを求め、最終的に自分の責任で判断することができる。