必要な「知識・スキル・行動方針」

消費生活・契約 × 若手社会人・ファミリー世代
  • 様々な要素を考慮に入れて、自らの消費行動を適切にコントロールすることができる。
  • 収集した情報の比較及び信憑性の判断を行うことにより、適切な消費行動をとることができる。
  • 情報機器や情報通信ネットワークなどを活用して金融商品などの情報を収集し、必要に応じてファイナンシャル・プランナー(FP)など専門家と相談しながら、家計を管理することができる。
  • 消費者の権利と責任に基づいて行動し、必要に応じ消費生活の改善に向けた行動をとることができる。
  • 様々な決済手段の利便性と問題点を理解し、必要に応じてこれらの決済手段を使い分けることができる。
  • 契約内容や契約の相手方の信頼性などを十分確認し、判断・対応することができる。
  • 連帯保証人・保証人になることによって生じる責任を理解している。
  • 様々な販売・勧誘行為に適用される法令や制度を理解し、契約締結やクーリングオフ制度を含めた契約取消し手続きを行うことができる。
  • 契約に関連するトラブルが発生した場合、適切な機関(消費生活センターなど)に相談することができる。
  • 金融取引のトラブルについて相談できる機関を理解している。
  • 公的ローンや民間ローンの長所・短所を理解し、必要に応じて専門家と相談しながら目的に見合ったローンを選択することができる。
  • ローンの利用にあたっては手数料などのコストを含めた実質的な返済総額を把握し、現実的な返済計画を立てることができる。
  • 借入れの必要性と自らの返済能力を踏まえたうえでローンを利用し、計画的に返済を行うことができる。