必要な「知識・スキル・行動方針」

貯蓄・投資 × シニア世代
  • 貯蓄・投資の継続とともに、資産の再活用を行うことができる。
  • 単利・複利の違いによる長期的な運用結果を比較し、適切な金融商品を選択することができる。
  • 一般的に低下するリスク許容度に合った運用や資産管理ができる。
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)など専門家と相談しながら、リスクの種類・性質を踏まえて、資産の再活用計画に見合った貯蓄・投資手段や金融商品を選択することができる。
  • 投資候補先の企業などを適切に評価することができる。
  • 適切な金融機関を選択し金融商品を検討するために、開示された情報を理解することができる。
  • 私的年金の位置付けを理解し、リタイアメント後の生活に備え、自己の状況にあった私的年金の活用を考えることができる。