必要な「知識・スキル・行動方針」

貯蓄・投資 × 若手社会人・ファミリー世代
  • 長期運用や分散投資など投資手段の効果などを理解し、計画的に貯蓄・投資を行うことができる。
  • 金融商品を巡る状況を定期的に把握することの重要性を理解している。
  • 内的・外的な環境の変化に応じて、貯蓄・投資計画を見直すことができる。
  • 単利・複利の違いによる長期的な運用結果を比較し、適切な金融商品を選択することができる。
  • 手数料などのコストを含めた実質的な利回りの差を適切に把握し、長期的な運用結果を比較することができる。
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)など専門家と相談しながら貯蓄・投資手段の特性(流動性、安全性、収益性)、リスクの種類・性質、自らのリスク許容度を踏まえて、資産配分や金融商品の選択を行うことができる。
  • 貯蓄・投資手段や金融商品によって預金者・投資家保護制度が異なることを理解している。
  • 投資候補先の企業などを適切に評価することができる。
  • 適切な金融機関を選択し金融商品を検討するために、開示された情報を理解することができる。
  • 私的年金の位置付けを理解し、リタイアメント後の生活に備え、自己の状況にあった私的年金の活用を考えることができる。