必要な「知識・スキル・行動方針」

ライフプランニング × シニア世代
  • リタイアメント後の過ごしかたをデザインすることができる。
  • 人生90年時代にふさわしい就労スタイルを獲得することができる。
  • 現役時代との収支の違いを理解したうえでリタイアメント後の収支計画を立てることができる。
  • リタイアメント後に発生する住宅の建て替え、リフォームなどの時期と必要資金の準備を計画することができる。
  • 高齢者施設の種類、利用条件、料金の概要を理解している。
  • 遺言の種類、効力について理解している。
  • 資産の現状把握をし、病気や老後の対応を考えたり、将来の相続に対する準備をすることができる。
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)など専門家と相談しながらライフプランを実行し、必要に応じて見直すことができる。