必要な「知識・スキル・行動方針」

ライフプランニング × 若手社会人・ファミリー世代
  • ライフプランを作成する意義や必要性を理解し、自らのライフデザインに沿ったライフプランを立てることができる。
  • 内的・外的な環境の変化に応じてライフプランを見直すことができる。
  • 財産の相続や事業承継の必要性を考え、その計画を立てることができる。
  • キャリア計画(職業生活設計)を立て、必要な自己啓発を行うことができる。
  • キャリアの節目に振り返りを行い、今後の仕事のビジョンと計画を持つことができる。
  • 働き方・生き方を考えながら、長い人生を展望したライフキャリアデザインを確立することができる。
  • ライフプランに必要な3つの分析手法(ライフイベント表、キャッシュフロー表、個人バランスシート)の概要を理解している。
  • キャッシュフロー表を作成することを通じて、長期的な家計の収支状況と問題点を理解している。
  • 物価、給与・年金などの収入の変動要因に対してキャッシュフロー表を見直すことができる。
  • 結婚資金、教育資金、住宅資金などが必要となる時期を考え、資金の準備を計画することができる。
  • 必要に応じて係数などを用い、資産などの現在価値と将来価値を計算することができる。
  • ファイナンシャル・プランナー(FP)など専門家と相談しながらライフプランを実行し、必要に応じて見直すことができる。