必要な「知識・スキル・行動方針」

ライフプランニング × 中等教育段階(中学生・高校生)
  • 将来の目標・夢を具体的に描くことができる。
  • 働くことの意義を理解し、将来の目標・夢の実現のために適切な進路選択を行うことができる。
  • 将来の働き方・職種によって収入が異なることを理解している。
  • 将来のライフイベントに必要な金額を把握するためにキャッシュフロー表があることを知っている。
  • ライフプランの実現のために不可欠な資金計画の基本を理解している。