バックナンバー

2020年11月号(1)
税制・相続・贈与
CFP®認定者 太矢 香苗

相続豆知識~全員が相続放棄したら財産はどうなる?相続人がいないとどうなる?

 相続には様々なケースがあります。不動産や預貯金のようなプラスの相続財産の場合ばかりではなく、中には借金(マイナスの財産)を残したまま死亡することもあります。そのようなケースでは財産を相続しない「相続放棄」を選ばれることがあります。今回はこの相続放棄について、全員が相続放棄をしたら財産はどうなるのか、放棄により相続人がいなくなってしまった場合はどうなるのかを解説していきます。

単純承認・限定承認・相続放棄

 相続が発生したときには、相続人は相続があったことを知った日から3カ月以内に手続きをしなければならなく、その手続き内容は以下の3通りです。

  • (1)

    単純承認
    被相続人の資産、借金などをすべて相続する。何も手続きしなければ、自動的に単純承認したことになる。

  • (2)

    限定承認
    借金を相続資産の範囲に限定して相続する。相続人全員で家庭裁判所に申述する手続きが必要。実務上、弁護士などの関与がないと手続きは難しい。

  • (3)

    相続放棄
    借金が相続資産よりも多い場合などに、弁済を回避するために、すべての相続を放棄する。放棄をしたい相続人が単独で家庭裁判所に申述が可能。


相続放棄=その相続は存在しない

 相続を放棄すると、その相続は最初から存在しなかったことになります。放棄した相続人に子がいても代襲相続はありません。誰かが相続放棄すると、相続順位が第1順位(子)⇒第2順位(父母)⇒第3順位(兄弟姉妹)と繰り上がり、最初は相続人でなかった人が相続人となってしまい、遺産(マイナスの遺産の場合も)を引き継いでしまうことがあります。親族同士でのトラブルを避けるためにも全員が相続を放棄する場合は、放棄によって相続人となりうる人全員と連絡を取り合って手続きを行うようにしましょう。

相続人がいなくなった場合

 相続人全員が相続放棄をして、相続財産の管理も難しい場合には、利害関係人(特別縁故者や債権者など、もしくは検察官)が家庭裁判所に相続財産管理人の選任の申し立てをします。
 相続を放棄しても民法で「その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。」と定められています。そのため、放棄した相続でも相続財産管理人への引き継ぎが完了するまでは、きちんと管理する必要があります。
 また、相続人全員が相続放棄を行い、最終的に引き取り手のなくなった財産は国庫に帰属されます。

相続財産管理人の費用

 相続財産管理人の選任申し立てには、相続財産管理人が引き継いだ相続財産を売却したり管理したりするための費用(相続財産管理人の報酬も含む)も必要になります。
 まずは相続財産の中から払えるかどうかを調べますが、不足が出る可能性があれば、相続財産の種類や額によって変わりますが、数十万円~100万円程度の予納金を裁判所に納めます。
 相続財産管理人の選任後、財産が最終的に処分されるまでは最短でも11カ月。1年以上はかかるものと考えておきましょう。

相続の全員放棄は慎重に

 相続の全員放棄は、債務の弁済逃れや相続したくない財産から逃れるための手段として安易に考えられがちですが、放棄したらそれで終了ではなく、相続財産管理人に引き継ぐまで責任があり費用もかかるものです。
 相続放棄の申し立て期限は3カ月以内であり、期限を過ぎてしまうと単純承認となってしまいます。大切な人が亡くなった後ですと、ご自身の感情の整理やお葬式の対応などで、相続について考える時間の確保が難しいこともあるかと思います。ただ、焦ってしまい選択を間違えてしまうと、大変なことになってしまうので、万が一に備えて事前の情報収集や弁護士など専門家のアドバイスを得て慎重に検討してください。

さらに過去のFPコラムをカテゴリ別で見る

上へ