相続税の基本

基礎控除額の引き下げで課税対象者が増える

相続財産には、相続税がかかります。特に平成27年1月1日以降の相続からは相続税の基礎控除が5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)から3,000万円+(600万円×法定相続人の数)に引き下げられたため、課税対象となる人が増える見込みです。
相続税の課税対象となる課税遺産総額は、相続財産から葬式費用や債務を引いた総額から、さらに基礎控除額を差し引くことで算出できます。この課税遺産総額を法定相続分に従って取得したものとして相続税の総額を算出します。ただし、相続税には「小規模宅地等の特例」や「配偶者の税額の軽減」などの特例もありますので、利用できるものがないか確認してみましょう。