年間110万円まで非課税になる暦年贈与

暦年課税の定期的な利用には注意が必要

暦年贈与のしくみ

贈与税には基礎控除があり、1月1日~12月31日までの1年間(暦年)に受贈者(贈与を受ける人)1人あたり110万円までは贈与税がかからないほか、申告も不要となります。
 相続財産が減るということで、相続税対策に暦年課税を使う人も少なくありませんが、毎年定期的に110万円の贈与を行って非課税枠を使い続けると、「定期贈与」という問題が発生し、場合によっては贈与税がかかることもあり得ます。そのような場合は税理士などに相談してみましょう。