借り換えの基本

より有利な住宅ローンに借り換えて返済を軽減

借り換えのしくみ

借り換えの効果がある人は?

現在借りている住宅ローンの金利が高めな人、また今後適用金利が上がる人などは、住宅ローンを借り換えることによって、総返済額を減らしたり、毎月返済額を抑えることができる可能性があります。 借り換えする際は別の銀行から現在の住宅ローン残高に相当するお金を借り入れ、これの返済に充てることになります。借り換えにはさまざまな手数料がかかるため、手数料を差し引いても負担軽減効果が見込めることが、借り換えるときの条件です。どんな住宅ローンに借り換えるべきかは人によって異なります。右の図にある3つの条件に当てはまる人は、具体的に検討してみるとよいでしょう。