教育費が不足するときは?

親が借りる教育ローンと子どもが借りる奨学金

教育費の準備を検討する順番

まずは、奨学金を検討し、
その後、公的教育ローン、民間教育ローンの順番で検討。

教育費は事前に積立などで備えておくのが基本ですが、かなり前から備えていても、目標の教育費に届かないというケースがあります。そんなときは、奨学金や、公的・民間の教育ローンなどを利用して教育費を調達するのも選択肢の1つです。
検討する順としては、まず奨学金。所得条件や成績条件が合わず奨学金が借りられなかったときは、公的教育ローン、最後に民間教育ローンという流れが一般的です。給付型でない奨学金や教育ローンは借金になりますので、返済の見通しを立てつつ、計画的に利用することが大切です。