保有中の人はチェック

メンテナンスのコツは?

10年先には住宅の購入を考えています。住宅購入の資金づくりに適当な運用方法はないですか?

住宅を購入するための資金ですから、元本を大きく割り込む投資は避けなければなりません。


もし利益が期待できる対象が見つかった時でも投資金額は抑えて行いましょう。


目標額達成のめどが付くまでは投資に慎重であるべきです。基本は預貯金など元本割れせず、確実に利息が付く金融商品を利用しましょう。


以上を踏まえた上で、無理のない金額で積立投資を始めるのはお勧めです。


預貯金よりも効率のよい金融商品を求めるなら、まずは内外の債券投資信託の中から検討しましょう。