保有中の人はチェック

メンテナンスのコツは?

子どもが生まれました。教育資金の準備のためにどんな投資を考えていったらいいですか?

使う時期が決まった教育資金づくりには積立投資が有効です。「毎月2万円ずつで年間24万円になる」と具体的に数字をイメージして、必要額に合わせて積立額を設定します。
日常生活に無理なく継続できる金額であることも大事です。積み立て後に金額は増減できます。


2018年1月から始まった「つみたてNISA」はいかがですか。つみたてNISAの非課税で運用できる期間は最長20年間、年間上限額が40万円なので、非課税投資総額は最大800万円です。


毎月3万円ちょっとの積立て投資を20年間続けて投資元本800万円に運用益が乗ると教育準備資金には適当な額になります。しかも、20年間積立てし続けなければならないものではなく、途中売却しても非課税で現金化できますので、急な入り用に充てることも可能です。