選ぶときにチェック

選び方やポイントは?

よい投資信託かどうかを判断するには何を見たらいいですか?

アクティブ型の投資信託は、基準価額がベンチマークを上回って推移していることや、シャープレシオ(数値が大きいほどよい)で運用の良し悪しを判断できます。


インデックスファンドは、対象とする指数の値動きとそのファンドの基準価額の値動きの差が少ないほどよいといえます。


分配金を目的に投資信託を購入する場合は、一定期間の分配金の総額と基準価額の差を合計した総収益の高いものがよいと考えることもできるでしょう。投資信託の評価機関が、これらを総合して投資信託に付けている星による評価も参考になります。


複数の投資信託を比較するときは、同種の投資信託を同期間で比較しなければなりません。また、こうした評価は過去の実績に対するものであり、将来の実績を約束しているわけではない点に注意が必要です。