選ぶ前にチェック

投資のメリット・デメリットは?

投資信託の購入から換金までのコストについての留意点は?

投資信託の場合、購入時に「購入時手数料」(無手数料の場合もある)を支払い、保有中には「信託報酬(運用管理費用)」、その他信託財産内での株式等の売買に掛かる手数料や監査費用等を間接的に負担します。換金時に「信託財産留保額」や「換金手数料」が差し引かれる投資信託もあります。


留意点ですが、まず購入時手数料は同一投資信託でも販売会社によって異なる場合がありますので、複数の会社で取り扱っている場合は事前に確認するとよいでしょう。


信託報酬(運用管理費用)は保有中継続的に差し引かれますので、長期保有する場合は特にリターンに大きな影響を及ぼします。期待リターンに見合う水準か、他の同種投資信託と比べて高過ぎないかなどを投資信託説明書(目論見書)で確認しましょう。


ファンドオブファンズの場合は、投資対象投資信託の信託報酬を合わせた実質的な負担を見ます。投資信託や有価証券などを売買する際の売買手数料など、事前に提示されないコストは、事後的に運用報告書で確認できます。


また、不動産投資信託(REIT)やETF(上場投資信託)など取引所で売買を行う投資信託の場合、購入・売却時に証券会社に売買委託手数料を支払います。信託財産内では運用会社などに報酬を支払いますが、投資家は基準価額ではなく市場価格で売買する点が一般的な契約型投資信託とは異なります。