選ぶ前にチェック

分散投資は必要ですか?

分散投資の考え方について教えてください。

分散投資とは1つの資産やタイミングに集中することなく、複数資産に投資したり(資産分散)、同じ資産の中でも異なる銘柄を選んだり(銘柄分散)、購入・換金を何回かに分けて行ったり(時間分散)することをいいます。


集中投資とは逆の考え方といえます。投資においては、リターン(収益率)とリスク(リターンの変動度合い)のバランスが重要ですが、資産分散を行うことで同程度のリターンに対するリスクを低減することが期待できます。


ただし、分散投資の対象として、同じような値動きをする資産を選んでもあまり効果はありません。一方が値下がりしたときにもう一方が値上がりするような、異なる値動きをする傾向のある資産(相関の低い資産同士)を選択することが分散投資においては効果的です。