選ぶ前にチェック

投資は必要ですか?

投資をする場合としない場合で、将来の資産形成にどのような違いがありますか?

政府がデフレからの脱却を目標に掲げた政策を行っていることから、預貯金や個人向け国債などの金利が物価の上昇率以上に高くならない限り、投資を行っていないと資産を目減りさせる可能性があります。


資産を目減りさせないように資産形成を行っていくためには、投資信託などを活用して投資を行っていく必要があると思われます。


仮に、預貯金などの金利が物価上昇率以上に上昇すれば、資産の目減りは防げるでしょうが、資産を増やして豊かな生活を過ごすためには投資を行っていかないと難しいかもしれません。