投資信託を見直したい人

見直しの留意点は?

解約するときに、「口数」を指定しないと解約できません。どうすれば計算できますか?

「解約したい金額」と保有する投資信託の「基準価額」がわかれば、解約する口数を計算することができます。


具体的には、「解約したい金額÷基準価額×10,000」で求められます(基準価額が1万口当たり○円で表示されている場合)。


例えば、投資信託を10万円分解約したい時に、投資信託の基準価額が1万口当たり8,000円だった場合、
「10万円÷8,000円×10,000」=12万5,000口
を解約することになります。


基準価額が1万口当たり1万2,500円であれば、解約口数は8万口になります(10万円÷1万2,500×10,000)。


ただし、解約の注文を出す時点では解約時の基準価額はわかりません。よって、計算で出した口数はあくまでも概算ということになります。