投資信託を見直したい人

見直しの留意点は?

リバランスとは何ですか?

複数の投資信託に投資していると、相場変動によって各資産への配分比率が変わっていきます。


例えば、株価の上昇率が他の資産に比べて高いと、運用資産全体に占める株式の比率が高まります。この場合、当初の想定以上に株価変動リスクを取っていることになります。


また、外国通貨の上昇率が高いと外貨建て資産の比率が高まり、当初の想定以上に為替リスク(為替変動リスク)を取っていることになります。そこで定期的に各資産への配分比率をチェックし、バランスを調整することによってリスクをコントロールする必要があります。


基本的には、比率が高くなり過ぎたものを一部売却し、比率が低下したものを買い増すことによって、資産配分のバランスを元に戻します。これを「リバランス」といいます。


長期運用する場合、リバランスの実行が大事だといわれています。