投資信託を見直したい人

運用実績の見方は?

運用報告書はどこを見たらよいでしょうか?

トータルリターンを確認しましょう。トータルリターンというのは、保有する投資信託について、初回購入時から、追加購入・一部解約、分配金の受け取りをすべて反映した現在の合計損益(=トータルリターン)のこと。

2014年12月から「トータルリターン通知制度」が導入されたため、証券会社や銀行など、投資信託の販売を行っている金融機関は、投資信託を保有する顧客に対して、トータルリターンを定期的に通知することが義務づけられました。適用となるのは2014年12月以降に新たに買い付けた投資信託ですが、金融機関によってはそれ以前から保有している投資信託ついても、トータルリターンを算出しています。

2014年12月以前に購入した投資信託のトータルリターンがわからない場合には、運用報告書や月次レポートで「騰落率」を見てください。これは投資信託の基準価額が、ある期間でどれだけ値上がり(または値下がり)したのかを表した数値を割合(%)で示したものです。

例えば、1万口当たりり1万円の基準価額で運用がスタートした投資信託が1万1,000円になれば、騰落率は10%になります。

投資信託は運用をスタートした時期もバラバラですし、分配金が支払われると基準価額はその分下がるので、単純に基準価額を見て比較することはできません。そこで、分配金が支払われた場合には、分配金(税引前)を再投資したものとして計算しています。