投資信託を見直したい人

売ったほうがいい?

大きく値上がりしているときの売却の判断は?

運用をしていれば、短期的に基準価額が上がったり下がったりすることはあります。


しかし、価格が上昇したからといって解約を繰り返していると、長期的にお金を大きく育てることはできません。


急激に値上がりしてもすぐに解約せず、ルールを決めて数年に1回定期的な見直しをしましょう。


リバランス(「リバランスとは何ですか?」を参照)を行うことで、値上がりしている商品を実質的に利益確定することができます。


ただし、運用期間まで残り少なくなってきたら、一部を解約して預貯金などの安全資産に振り向けていくことも検討しましょう。


投資信託のいいところは、一部だけ解約できることです。