投資信託を選びたい人

分配金については?

投資信託の分配金の留意点は?

投資信託はあらかじめ定められた計算期間(1年、6ヶ月、3ヶ月、2ヶ月、毎月等)ごとに決算を行い、投資家に分配金を支払います。


分配金は投資信託の資産の一部を支払うものであり、分配金の分、基準価額は下落します。


分配金の額は事前に定められているものではなく、支払われない場合もあります。


分配可能な上限額は投資信託協会のルールで定められており、その範囲内で運用会社が決定しますが、計算期間中の収益を超えて支払われることもあります。


よって、投資家にとってのトータルリターンは、分配金と基準価額の変動の両方を足し合わせたものであり、分配金が高い投資信託が必ずしもリターンが高いことを意味するわけではない点を理解しておきましょう。


また、投資家にとって自分の投資元本を下回っている部分から支払われた分配金は、元本払戻金(特別分配金)であり、利益ではありません。


分配金は現金で受け取ることもできますし、分配再投資コースが設定されている投資信託では、税引後の分配金を同一投資信託に再投資することもできます。