投資信託を選びたい人

リスク・リターンに応じて選ぶなら?

国内債券型の過去の運用実績が安定的なので、購入することを検討しています。注意点はありますか?

債券に投資すると所定の利子収入が得られますが、債券の価格は、金利が上昇すれば値下がりし、金利が低下すると値上がりします。その際、満期までの残存期間が長い長期債ほど、金利変動による値動きは大きくなります。


これまで日本では、長期にわたって金利低下傾向が続いてきたために、国内債券型の過去の運用実績は総じて良好です。債券からの利子収入に、金利低下による値上がり益も上乗せされてきたからです。しかし、これは過去の実績に過ぎません。


仮に、日本の金利が上昇傾向になると、国内債券は値下がりするので、国内債券型の運用実績も低迷する可能性が高くなります。特に、長期債中心で運用しているタイプでは注意が必要です。