投資信託を選びたい人

資金の性格別に選ぶなら?

投資信託の積み立てで老後資金を貯めようと考えていますが注意点はありますか?

老後資金の準備を投資信託の積み立てで行う注意点は、家計に負担を及ぼさない金額から始めることです。

積立投資の基本は長く続けることにありますので、無理をした金額で積み立てを始めてしまうと長続きしない可能性があるからです。同時に資産分散、いわゆる1つの資産だけではなく、株式や債券など複数の資産を組み合わせて積立投資を行うとよいでしょう。


具体的に投資信託を選ぶ際には、運用成績に影響を与える購入時手数料や信託報酬(運用管理費用)が低いものを選ぶようにすること。できれば数千円程度から積み立てができる金融機関で始めたほうが、より分散投資を行いやすいと思われます。また、個人型確定拠出年金やNISA(少額投資非課税制度)などの税制優遇がある制度の利用も検討されるとよいでしょう。