トップページFP資格を取るにはFP資格とは|FPの資格と検定

FPの資格と検定

FPとしての力量を測ったり、FPとしての実績や信頼の証となるのが、FPの資格や検定です。おもな資格や検定にはどのようなものがあるのか、またそれぞれがどのような関係にあるのか見ていきましょう。

協会の資格(CFP®・AFP)と国家検定(FP技能士)

現在、一般的に普及している資格や検定には、NPO法人日本FP協会が認定する上級資格「CFP®」および普通資格「AFP」と、国家検定であるFP技能検定(1~3級)があります。

日本FP協会では、AFPの資格認定要件としてAFP認定研修の修了と2級FP技能検定の合格を必須としています。

それぞれの基本的な関係は以下の図のようになっています。

 協会の認定資格と技能検定の関係イメージ

資格と検定
  • AFP認定研修は2級FP技能検定の受検前に受講・修了することができます。

信頼の証となる日本FP協会の「CFP®」「AFP」

日本FP協会が認定するFP資格は、「普通資格」であるAFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)資格と、「上級資格」であるCFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)資格があります。

AFP資格(普通資格)

2級FP技能検定の合格とAFP認定研修の修了といった要件を満たし、日本FP協会へ登録することで付与される資格です。2年ごとの資格更新に所定の継続教育が義務付けられており、常に知識とスキルの向上を行っています。

日本全国で約15万5000人(平成26年3月現在)が活躍しています。

CFP®資格(上級資格)

北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(平成26年3月現在)で認められた世界水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる、プロフェッショナルであることを証明する資格です。

AFP資格と同様に2年毎の資格更新に所定の継続教育が義務付けられています。国際CFP®組織FPSBとのライセンス契約の下に日本FP協会が認定しており、約2万人(平成26年3月現在)が日本全国で活躍しています。

AFPとCFP

力量が測れる国家検定「FP技能検定」

技能検定とは、働くうえで身につける、または必要とされる技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、キャリアコンサルティング、知的財産管理、レストランサービスやファイナンシャル・プランニングなど全部で128職種の試験があります。試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」を名乗ることができます(厚生労働省HPより引用)。

FP技能検定には1級、2級、3級FP技能検定の3つの等級があり、それぞれに学科試験と実技試験があります。日本FP協会では2級、3級のFP技能検定の学科試験と実技試験(資産設計提案業務)、1級の実技試験(資産設計提案業務)を実施しており、学科および実技試験に合格すると等級毎にFP技能士(例:2級FP技能士)を名乗ることができます。

検定の種類

※2級FP技能検定はAFP資格審査試験を兼ねています。


  • 「FP技能士」は「ファイナンシャル・プランニング技能士」、「FP技能検定」は「ファイナンシャル・プランニング技能検定」のことをいいます。

ページの先頭へ戻る