トップページFP資格を取るにはCFP®をめざす|CFP®とは?

CFP®とは?

FPになるなら、「FPの頂点」ともいえるCFP®資格の取得を目指してみては?
2014年3月現在、日本国内には約2万人のCFP®資格保有者がいます。
このページでは、CFP®資格の概要についてご説明します。

日本FP協会が資格認定する「FPの頂点」

FPイラスト6

CFP®資格は、北米、アジア、ヨーロッパ、オセアニアを中心に世界24カ国・地域(2014年3月現在)で導入されている、「世界が認めるプロフェッショナルFPの証」で、FPの頂点とも言えるものです。原則として一国一組織により資格認定が行われており、日本においては、NPO法人日本FP協会が認定しています。

認定要件の「4E(教育=Education、試験=Examination、経験=Experience、倫理=Ethics)」と、実務プロセス指針であるファイナンシャル・プランニング・プロセスの「6ステップ」のコンセプトに基づき、世界で認められた共通水準のファイナンシャル・プランニング・サービスを提供できる証明となります。

4つのEと6ステップについて

CFP®認定者は、高度な知識と経験をもって長期的かつ総合的な視点で適切なアドバイスをし、他のFPの規範となる確固たる職業倫理を身につけているプロフェッショナルとしてCFP®資格を認定されています。

CFP®資格取得のメリット~CFP®認定者の声をピックアップ

信頼が深まる

  • お客様からの信頼が厚くなった<金融機関勤務>
  • 「CFP®の方に相談したい」というお客様からの要望があった<独立系FP>

自信がつく

  • FPのプロとしてCFP®資格が必要なものであるとFP実務を通して実感している<証券会社勤務>

チャンスが広がる

  • セミナー講師や執筆の依頼などチャンスや仕事の幅が広がった<独立系FP>
  • CFP®認定者検索システムに登録し、仕事の依頼が増えた<独立系FP>


CFP®資格取得のメリット(PDF/502KB)

CFP®資格の認定条件

  1. 【試験】CFP®資格審査試験全6課目に合格すること。
        ※1課目ずつの受験および合格が認められています。
  2. 【教育】試験合格後に実務研修であるCFP®エントリー研修を受講し、修了すること。
  3. 【経験】3年間の実務経験を有すること。
        ※試験合格前10年、後5年の期間の実務経験を対象
  4. 【倫理】協会が定める会員倫理規程等の諸規程を順守する旨の誓約を、所定の書面等にて行うこと。

CFP®資格審査試験の概要

  • 試験は原則として、年2回実施
  • 受験資格はAFP認定者または協会指定大学院の所定課程修了者
  • 課目は6課目(1課目ずつの受験及び合格が認められる)
     (1) 金融資産運用設計
     (2) 不動産運用設計
     (3) ライフプランニング・リタイアメントプランニング
     (4) リスクと保険
     (5) タックスプランニング
     (6) 相続・事業承継設計
  • 1課目の試験時間は2時間、全6課目を3課目ずつ2日間にわたって実施
  • 出題形式はマルティプルチョイス式(四肢択一式)

CFP®資格審査試験の詳細

CFP®資格を継続するには

CFP®資格は、常に最新のFP知識とスキルを維持する目的で、2年ごとに資格更新を行います。資格更新に際しては協会が定める所定の継続教育単位を取得することが要件となります。

資格更新と継続教育について
必須科目「FP実務と倫理」の取得単位数について

Get ADOBE® READER®

注:PDF形式のファイルをご覧頂くにはお使いのパソコンにAdobe® Reader®がインストールされている必要があります。ご確認の上、ダウンロードしてください

ページの先頭へ戻る