ファミリー

アベック

 

Q

平成29年8月から老齢年金を受け取るための要件が変更になりました。これまでは、保険料納付済期間と保険料免除期間などを合算した資格期間が原則として25年以上必要でしたが、今後は( )年以上あれば老齢年金を受け取ることができます。( )に入る数字は次のどれでしょうか。

 
 

10

 

15

 

20

 

正解は1でした

 

解説

 無年金者の問題は年金制度の課題の一つでしたが、8月から「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律」が施行され、資格期間が10年(120月)以上ある方は年金を受け取ることができるようになりました。

FPからのメッセージ

 「資格期間」とは、以下の期間を合計した期間です。
 ○国民年金の保険料を納めた期間や、免除された期間
 ○サラリーマンの期間(船員保険を含む厚生年金保険や共済組合等の加入期間)
 ○年金制度に加入していなくても資格期間に加えることができる期間(「カラ期間」と呼ばれる合算対象期間)
 なお、年金の給付額は納付した期間に応じて決まりますので、ご注意ください。

 
くらしに役立つマネークイズ

もっとチャレンジしてみよう!

年齢やライフステージに応じたお金の知識をクイズ形式で学べます。あなたに合ったコースを選択して、挑戦してみましょう。
さあ、いくつ正解できるかな?