ファミリー

アベック

 

Q

2014年に一般NISA(少額投資非課税制度)がスタートして、12月末で5年が経過します。NISA枠で購入した金融商品を来年以降も継続保有する場合の選択肢は2つありますが、誤っているのは次のどれでしょうか。

 
 

翌年の一般NISA口座に移管する。

 

課税口座に移管する。

 

つみたてNISA口座に移管する。

 

正解は3でした

 

解説

 非課税期間が終了した時には、保有している金融商品を翌年の一般NISA非課税投資枠に移す(「ロールオーバー」と言います)か、NISA口座以外の課税口座(特定口座または一般口座)に移すかのいずれかを選択することになります。
 なお、つみたてNISA口座やジュニアNISA口座へ移管することはできません。

FPからのメッセージ

 ロールオーバーを希望される方は、金融機関に対し手続きを行う必要があります。手続きを行わないと課税口座に移管されることになります。
 また、ロールオーバーをする場合、取得価格は年末のロールオーバー時点の価格となります。2014年に50万円で買い付けた株式が2018年末に60万円になっていた場合、2019年の購入可能額は60万円(一般NISA買付可能額 120万円-60万円)となりますので、ご注意ください。

 
くらしに役立つマネークイズ

もっとチャレンジしてみよう!

年齢やライフステージに応じたお金の知識をクイズ形式で学べます。あなたに合ったコースを選択して、挑戦してみましょう。
さあ、いくつ正解できるかな?