ファミリー

アベック

 

Q

今年の10月に消費税の増税が予定されていますが、消費税が初めて導入されたのはいつでしょうか。

 
 

昭和62年(1987年)

 

平成元年(1989年)

 

平成9年(1997年)

 

正解は2でした

 

解説

 消費税導入の議論は、昭和の時代からありましたが、実現したのは平成元年の4月1日からです。導入当初の税率は3%でしたが、平成9年4月に5%、平成26年4月に8%となり、現在に至っています。

FPからのメッセージ

 今般の消費税増税の主たる目的は、社会保障に係る財源を安定的に確保することです。平成30年度の国の一般会計予算約98兆円のうち社会保障関係費は約33兆円であり、一般会計予算の約34%を占めるまで増加しています。
 予定どおり増税が実施されると、消費税率は10%となります。ただし、政府は家計への影響を抑えるため、生活必需品である食料品や定期発行される新聞などの税率を8%に据え置く軽減税率を導入します。食べ物については何が軽減税率の対象なのか、どこで食べると対象になるのか等、やや複雑な線引きを知っておくとよいでしょう。

 
くらしに役立つマネークイズ

もっとチャレンジしてみよう!

年齢やライフステージに応じたお金の知識をクイズ形式で学べます。あなたに合ったコースを選択して、挑戦してみましょう。
さあ、いくつ正解できるかな?