海外FPニュース 2017年8月

FP NEWS Global Roundup

米国のCFP®認定組織CFPボード(Certified Financial Planner Board of Standards, Inc.)と、オーストラリアのCFP®認定組織Financial Planning Association of Australia(FPAオーストラリア)からのニュースをご紹介します。

CFPボード: 米国CFP®認定者の資格満足度調査(2017)

 調査会社のFondulas Research 社が実施した最新の調査によると、2013、2015年に実施した同じ調査に引き続き、CFP®認定者は自分のキャリアの選択やCFP®資格を保持することに高い満足度を維持していることが分かりました。

    調査結果の概要は以下のとおりです。
  • 91%が、ファイナンシャル・プランニングを職業としたことに満足感を持っている
    (「大変満足」と回答した人は72%に上り、2015年より5%増加)。
  • 91%が、CFP®資格を取得したことに満足感を持っている
    (「大変満足」と回答した人は76%、2015年より6%増加)。
  • 91%が、CFP®資格を他の金融専門資格を保有する者にも勧めると回答している。
  • 83%が、CFP®認定者は資格を有しないファイナンシャル・プランナーよりも「競争力がある」
    ことに賛同している。

 そのほか、96%のCFP®認定者が、「ファイナンシャル・プランニングは、認知された専門職であるべきだ」と回答し、84%が「『CFPボードの行動規範』は、自分が最も高い倫理的規範に従って顧客へサービスを提供するために必要な指針となっている」と回答しました。
 また、今回の調査では95%のCFP®認定者がCFPボードに対し、「CFP®資格のブランド力を高めていくことが重要」、93%が「CFP®資格について厳格な基準を確立することが重要」と回答しており、CFPボードの優位性とイニシアチブに強い期待を寄せていることも分かりました。
 CFPボードのCEO、ケビンR.ケラー氏は次のように述べています。
 「CFPボードの戦略は、CFP®資格を能力的・倫理的に最も高い基準を持つ資格にしていくために必要なものです。中でも人々が「ファイナンシャル・プランニング」と聞いた時に、まずCFP®資格を思い出してもらうために、基準を強固なものにしていく私達の試みにおいて、8,000人近くの米国CFP®認定者のサポートは重要であり、大きな意味を持つのです」

※この調査はCFPボードが委託した調査会社Fondulas Research社より、2017年5月後半~6月初旬に、無作為に選ばれた800名のCFP®認定者を対象に電話で行われました。調査結果の詳細(英語版)はこちらからご覧いただけます。

 [出典:2017年8月24日CFP Board Newsより抜粋]

FPAオーストラリア: 幸福感の高い人はFPのアドバイスを求める

 FPAオーストラリアが実施した最新の調査によると、自分の人生が幸福であると感じている人々の多くが、ファイナンシャル・プランを持っている可能性が高いことが分かりました。
 この調査は、2017年6月にオーストラリア全土で23才~71才の男女を対象に実施され、お金と人生に対する後悔や夢、心構えについて新たな示唆を含むものとなっています。

    調査結果の概要は以下のとおりです。
  • ほぼ4人に1人(23%)のオーストラリア人は、「完全に」または「ほとんど」自分の夢を実現できていると感じている。
  • ファイナンシャル・プランナーのアドバイスを求める割合は、自分の夢を実現できていないと感じている人では9%だが、自分の夢を実現できていると回答した人では24%と、3倍近くに上る。
  • 働く世代の80%がお金や家計についてストレスを感じている。これは特にジェネレーションX(38-52才)とジェネレーションY(23-37才)の世代において顕著である。
  • ジェネレーションYの53%、ジェネレーションXの44%が「自分の人生をプランニングするのはとても/それなりに大変」と回答する一方、ベビーブーム世代(53-71才)の同回答は25%だけである。
  • 家を持つことは、もはや多くのオーストラリア人の夢ではない。57%が「夢の実現」とは、「自分で選んだライフスタイルを持っていること」と回答し、54%が「経済的な自由と自立」と回答している。

 FPAオーストラリアのCEO、ダンテ・デ・ゴリ氏(CFP®認定者)は、以下のように語っています。
 「この調査では、オーストラリア国民の幸福感とファイナンシャル・プランニングの関係を紐解く、強力なデータが示されました。この調査が、より多くの人々がしっかりとしたファイナンシャル・アドバイスを求め、自分の夢を描くことができるきっかけとなれば本望です」

※この調査は2017年6月2~13日に、23~71才の2,635名のオーストラリア人に対して、オーストラリアFPAが委託した調査会社McCrindle Research社により行われました。調査結果の詳細(英語版)はこちらからご覧いただけます。

 [出典:2017年8月21日FPAオーストラリア Newsより抜粋]

本ニュースは、当協会が正確かつ信用に足りると判断した情報に基づき作成されたものですが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。また、本ニュースは、投資等の勧誘を行うために作成したものではなく、情報提供を目的としております。当協会は、本情報から生じるいかなる責務を負うものではありません。

上へ