海外FPニュース 2017年5月

FP NEWS Global Roundup

米国のFP会員組織FPA(Financial Planning Association)と米国のCFP®認定組織CFPボード(Certified Financial Planner Board of Standards, Inc.)からのニュースをご紹介します。

FPA: 年次大会「FPA Annual Conference 2017」がナッシュビルで開催予定

 今年10月2日(月)-10月4日(水)にかけて、FPAの年次大会「FPA Annual Conference 2017」がテネシー州ナッシュビルで開催される予定です。CFP®認定者が集う米国における最も大きな大会として知られ、毎年、米国内外20カ国以上から2,000人以上が参加します。
 今年の基調講演は、かつてテネシー大学フットボールチームの名将として知られ、カレッジフットボール殿堂入りを果たした現在、リーダーシップやコミュニケーション分野の講演者・コーチとして活躍するフィリップ・フルマー氏を始め、CNBCのシニア・アナリスト/コメンテーターを務め、「20世紀のビジネスニュースジャーナリストTop 100」に選ばれているロン・インサナ氏、NBCのテレビ番組「トゥデイ」の経済部担当部長で著名なジャーナリストである、ジーン・チャツキー氏が登壇します。
 期間中はレベル別、テーマ別にさまざまな教育セッションが、出席者も参加する討論会形式、パネルディスカッション形式などバラエティに富んだ形態で多数開催されます。そのほかにも、展示ホールでは出展されている多数の商品、多彩なサービスの中から自分の実務に役立つものを探すことができたり、「ナレッジサークル・サミット」では、与えられた様々なテーマに従って、出席者同士が対話形式で、知識や考えを共有することができます。そのほか、学術的なプレゼンテーションなどもあり、実務以外にも広く見識を深めたり、新しい人脈のネットワークを作ることができる場ともなっています。

FPA: 年次大会「FPA Annual Conference 2017」がナッシュビルで開催予定

詳細は、専用ウェブサイト(http://fpa-be.org/)をご参照ください。

※日本FP協会では"FPA Annual Conference 2017"への参加登録及び関連する渡航・宿泊手配の代行はいたしておりません。また、自然災害等によるイベントの中止・変更による費用や損害等の一切について、当協会は責任を負うものではありません。以下のウェブサイトにて内容をご確認の上、専用申込書にて直接お申し込みください。
申込書・料金(https://fpaannual.org/wp-content/uploads/2017/05/AN17-International-Registration-Form.pdf)参照

※ご不明な点は、専用メールMemberServices@onefpa.orgまで直接お問い合わせください。

CFPボード: 子育て後の女性へFPキャリアインターンシップを支援

 CFPボードセンターとiRelaunch社が手を結び、女性のファイナンシャル・プランナーの数を増やすことを目的にしたパイロットプログラム、「FPRI (Financial Planning Re-entry Initiative:ファイナンシャル・プランニングへの再チャレンジ)」をスタートさせました。このプログラムの一番の目的は、ファイナンシャル・プランニングの労働市場に再び戻りたいと考えているプロフェッショナルな女性を対象に、インターンシップを設置し、金融機関をサポートすることで、この業界のダイバーシティを推進しようというものです。
 キャリアの再開を支援し、様々なプログラムを提供してきたパイオニア企業であるiRelaunch社は、経営者と共に、再チャレンジ・プログラムを試行錯誤しながら構築、推進してきました。この度CFPボードと手を組んだ新しいプログラムは、金融サービスとSTEM (科学、技術、工学・数学)領域で高い成果を上げたプログラムを手本にしています。これまでにiRelaunch社が手掛けた再チャレンジ・プログラムでは、インターンシップから長期の雇用に繋がった「成功率」は、50~100%と高いものです。
 新しいパイロットプログラムは、キャリアを再スタートさせたい労働者側だけでなく、ダイバーシティを推進したい企業側双方にとってのメリットを提供しています。また、このFPRIプログラムでは、女性だけではなく、キャリアに空白期間がある男性にもエントリー資格が与えられています。
 iRelaunch社のCEO、キャロル・フィッシュマン・コーエンさんは以下のように語っています。
「私達が様々な企業で収めてきた成功に引き続き、今度はファイナンシャル・プランニングの領域で同じ結果を残すべく、CFPボードセンターと手を組んでいけることを誇りに感じています。ファイナンシャル・プランニングの専門家は、以前に構築したネットワークや培った豊富な職業経験がありますから、ブランクを経ても再び、スムーズに元のキャリアに戻ることができるでしょう」

 [出典:2017年5月4日 CFP board Newsより抜粋]

本ニュースは、当協会が正確かつ信用に足りると判断した情報に基づき作成されたものですが、その正確性・完全性等を保証するものではありません。また、本ニュースは、投資等の勧誘を行うために作成したものではなく、情報提供を目的としております。当協会は、本情報から生じるいかなる責務を負うものではありません。

上へ